コーポレートトップ

CSRへの取組み

CSRマネジメント[一般事業主行動計画]

女性活躍推進法に基づく
『一般事業主行動計画』 の策定について
 (※次世代育成支援対策推進法との一体型)

2016年4月から施行される「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」と、従来からの、次世代育成支援対策推進法(次世代法)に基づき、事業主は女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するため、「一般事業主行動計画」を策定することが義務づけられています。
村田機械の「一般事業主行動計画」(期間:2016年4月〜2019年3月まで)は以下の通りです。

社員一人ひとりが様々なライフステージに応じて、
その能力を十分に発揮できる企業となるため
次の通り第1期行動計画を策定する。

  1. 1. 計画期間
    2016年4月1日から2019年3月31日までの3年間

  2. 2. 内容

  3. ■女性の昇進・評価に関する内容

     目標1. 今後女性管理職を目指す女性の母数を増やすための取り組みとして、まずは係長相当職の女性を5名増やす。
    <対策>
      •2016年4月〜
      中堅女性社員対象に、今後のキャリアについて考える機会を検討する。
      •2016年10月〜
      上記施策を実施する。
      •2017年4月〜
      若手女性社員対象に、今後のキャリアについて考える機会を検討する。
      •2017年10月〜
      上記施策を実施する。

  4. ■仕事と家庭生活との両立を支援するための環境の整備

     目標2. 子どもが生まれる際の父親の休暇取得を促進する。
    <対策>

      •2016年10月〜
      子どもが生まれた男性社員の育児休業取得を促すための仕組みを検討する。
      •2017年10月〜
      検討した仕組みによって、子どもが生まれた男性社員の育児休業の取得促進を図る。

  5.  目標3. 仕事と介護の両立支援策について、現行制度の周知・社員の理解に努める。
    <対策>
      •2016年4月〜
      仕事と介護の両立に関し社員のニーズの把握、当社の課題を分析する。
      •2016年10月〜
      検討した措置を実施するための、準備を行う。
      •2017年4月〜
      上記措置を実施、および社員へ周知する。

尚、当社の女性活躍に関する状況は以下のとおり。(2015年12月31日時点)

■社員人数と勤続年数の男女比

項目 数値
労働者に占める女性の割合 16.3%(正社員:13.4% 時給者:83.5%  
有期契約:14.7% 派遣:16.6%)
採用した労働者に占める女性労働者の割合
(中途採用含む)
26.5%
男女の平均勤続年数の差異 正社員 男性:15.4年 女性:12.8年

■制度利用実績

項目 数値
有給休暇取得率 総合職:53.6% 一般職:81.7% 時給者:84.0%
有期社員:90.4%
職業生活と家庭生活との両立を支援するための
制度の利用実績
【時短勤務者】(※1)
女性/総合職:30人 女性/一般職:24人 女性/有期社員:2人
【時差出勤者】(※2)
男性/総合職:4人 女性/総合職:7人

(※1) 妊娠、子育て中(子が小学3年修了まで)、及び介護中の社員は、所定労働時間を6時間または7時間に短縮することができます。
(※2) 妊娠、子育て中(子が小学6年修了まで)、及び介護中の社員は、始業時間を30分または1時間繰り下げることができます。
※但し9時前に始業の事業所に限り

このページのトップへ