コーポレートトップ

CSRへの取組み

労働安全衛生への取組み

労働安全衛生教育

労働安全衛生教育

社内教育

当社では、「村田機械労働安全衛生理念・方針」に基づき、従業員の安全と健康を守ることを経営の最優先事項の1つとして位置付け、労働安全衛生に関する各種教育や訓練を実施しています。

•新入社員研修での安全衛生講義(全員)
•各事業所での「安全しつけ道場」での危険の疑似体験教育(犬山、伊勢、加賀、滋賀、大分)
•お客様現場での安全衛生に関する入場教育(主に工事現場)
•村田機械と村田機械グループの全従業員を対象とした安全衛生に関するeラーニング(※)

※eラーニングとは、おもにインターネットを利用した学習形態のことです。受講者は、社内のネットワークに接続できる環境であれば、いつでもどこでも自由な時間に教育を受講することができます。

そのほか、従業員の健康維持・増進のため、メンタルヘルスや健康をテーマにした健康セミナーの開催や、交通事故防止のため、地域の警察署のご協力のもと、交通安全セミナーの開催なども定期的に行っています。

•健康セミナー
•メンタルヘルスセミナー
•交通安全セミナー

集合研修・目的別研修講義風景

2015年度
交通安全セミナー
 
健康セミナー

交通安全セミナー
2015年12月1日 犬山事業所

 

健康セミナー
2015年12月10日 本社事業所

ストレスへの気づきセミナー
  ストレスへの気づきセミナー

ストレスへの気づきセミナー
2016年2月5日 伊勢事業所

 

ストレスへの気づきセミナー
2016年3月1日 犬山事業所

このページのトップへ