企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • ニュース

2011年2月2日付ニュースリリース

スーパーG3標準搭載 コンパクト普通紙ファクシミリ『V−680』新発売

ムラテック販売株式会社
村田機械株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区竹田向代町136 代表取締役社長:村田大介)は、B4送受信対応コンパクト普通紙ファクシミリ「V−680」を2月21日より発売いたします。

 

2000年の初代モデル「V−650」発売以来、長年好評をいただいてきた本シリーズは、弊社普通紙ファクシミリを代表するロングセラー商品です。このたび「V−680」へのリニューアルにあたり、同シリーズの核となる『コンパクト』『充実のファクス機能』『安心のセキュリティ機能』など基本コンセプトは継承しながらも、徹底した省エネ設計で時代のニーズに応え、さらなる進化を遂げました。ビジネスユースに最適のパフォーマンスを備えた「V−680」は、中小規模のオフィスやワークグループ環境で幅広く活躍するファクシミリです。


機種名

本体標準価格

設置説明費

月販台数

発売日

V-680

398,000円(税別)

30,000円(税別)

300台

2月下旬

商品開発の背景

国内ファクシミリ市場は、複合機への機能集約や通信インフラのネットワーク化といった変化に伴って縮小傾向にあるものの、依然としてスタンドアローンのビジネスファクスも“新たなインフラ投資を必要としない安定した通信手段”として手堅い需要を維持しています。


こうした需要を支えるビジネス機として本シリーズには長年安定したニーズがあり、B4 送受信可能な卓上型ビジネスファクシミリとして今やオンリーワンの存在となりました。
折々の時代背景に応じてセキュリティ強化など機能拡張を続けてきた本シリーズをこのたび「V−680」へとモデルチェンジし、環境対応性能を強化することで誰もが使いやすい安定した通信手段としてさらなる提案を続けてまいります。

V−680の主な新機能

  1. 国際エネルギースタープログラム新基準に適合
    ・ 2009年に改正された「国際エネルギースタープログラム」新基準(※)へ適合し、一般企業のみならず官公庁など幅広いオフィス環境で導入していただきやすい条件をクリアしました。
  2. ※高温印刷技術を使用する標準形式のプリンタ、ファクシミリ、複写機および複合機の評価基準として、新たにTEC値(概念的一週間の消費電力量)の概念が採用され、V−680は同基準クラス既定値【1.0kWh】を下回る【0.873kWh】での稼働を実現しました。
  3. 節電モード&専用キー搭載
    ・機械を使用しない時に電力を節約する「節電モード」への移行専用キーを新搭載。キー押下または一定時間経過で同モードへ移行した時の消費電力2.9Wと従来機比で約40%低減し、環境への配慮&経費節減効果を同時に実現します。

  4. 新ボディカラー採用
    ・新機種に順次搭載している「クールホワイト&ダークグレー」色をボディカラーに採用、弊社商品ラインナップの一翼を担う調和性の高いデザインに刷新しました。

V-680の主な特長

  1. コンパクト&エコ設計
    •コンパクトなボディサイズ
    B4送受信対応ながら、設置スペース 幅450mm×奥行き494mm×高さ346mmというコンパクト設計。デスク脇やキャビネットにすっきり収まる卓上サイズを実現しました。

  2. •国際エネルギースタープログラム新基準に適合
    2009年に改正された「国際エネルギースタープログラム」新基準に適合しています。

    •節電モード&専用キー搭載
    「節電モード」への移行専用キーを搭載。同モード時の消費電力2.9Wと従来機比で約40%低減し、環境配慮&経費節減効果を同時に実現します。

  1. 充実のファクス仕様
    •超高速スーパーG3電送&JBIG圧縮
    ITU−T国際規格準拠V.34モデムを標準装備。スーパーG3モード(33.6Kbps)で通信時、超高速2秒台電送を実現(28.8Kbpsの場合は3秒電送)(※)。通信コストの削減に貢献します。さらに新標準圧縮方式JBIGを採用。写真原稿等も超高速で送信できます。 (※) 英文700文字程度のA4原稿を標準画質で送信した場合の電送時間です。

    •220ヶ所順次同報機能
    同一原稿を最大220ヶ所に順次自動送信できます。原稿のセットは一度だけで複数の指定宛先に順次自動送信し、通信完了を待つ必要もありません。

    •B4送信/B4受信
    コンパクトなボディサイズながら、原稿・記録紙ともにB4サイズまで対応。豊富なビジネス用途に応えます。

  2. •標準500枚/最大1,000枚給紙 (※)オプション
    標準搭載の1段目カセットに500枚、オプションの2段目カセットに500枚の計1,000枚の給紙が可能。大量のファクス受信も十分こなせる大容量です。

  3. •90度回転受信 (※)オプション
    ヨコ方向に送られてきたA4原稿を自動的に90度回転させてタテ方向の用紙に印字。ジャストサイズで受信して用紙の無駄を省きます。

  4. •クリアスムージング
    緻密な画像処理により、標準モードで送られてきた原稿を高画質モードに自動補正して印字します。斜めの線や文字の曲線もなめらかに再現します。

  5. •車検証&鉛筆読み取りモード
    「車検証読み取りモード」に設定すると、車検証などの地模様や地色のある原稿の背景を読み取りません。原稿の再現性が向上するとともに、ファクス送信時は時間短縮にも貢献、またコピー時には無駄なトナー消費も防ぎます。
    また「鉛筆読み取りモード」では、今まで読みとりにくかった淡い鉛筆書きの原稿も鮮明に読み取ります。(初期設定:OFF)

  6. •拡張できるメモリー容量 &メモリーバックアップ
    V−680は2MBメモリー標準装備。A4標準原稿を約140枚(※1)蓄積できるので、用紙切れ時の受信も安心です。さらにオプションで最大6MBまで増設可能。蓄積原稿枚数を増やすことができます。  またメモリーに蓄積した受信原稿は、万が一の停電時も約72時間(※2)バックアップ保存します。
    (※1) メモリー蓄積枚数はA4標準原稿(英文700文字程度)で測定。 (※2) 標準2MBの場合。

  7. •ファクスワープ&フォンワープ機能
    指定時間内にかかってきた電話または受信ファクスを、あらかじめ設定した宛先に転送できます。外出中に受信した原稿や電話を出先や自宅に転送できるので、ビジネスチャンスを逃しません。

  8. •通信管理レポート/日報プリント
    ファクスの送受信記録を、一定の通信量または一通信毎に出力できる「通信管理レポート」に加えて、一日単位で出力できる「日報プリント」機能も標準装備。使用環境に応じて通信管理が簡単に行えます。

  9. 安心のセキュリティ機能
    •ダイヤル2度押し機能
    ファクス送信時、ワンタッチ/短縮ダイヤルやテンキーで宛先を設定して<スタートキー>を押すと、再度宛先を入力するように促します。番号が一致した時だけ送信が開始され、間違った番号が入力されるとエラーになるので、操作ミスによる誤送信を防ぎます。

    •IDチェック送信
    宛先指定したダイヤル番号の下4桁と、相手機に登録されている番号の下4桁を送信開始時に照合し、一致した時だけ送信を開始します。機械で自動照合するため、人為的な操作ミスもカバーします。

    •同報・グループ送信禁止設定
    同報機能の利用を禁止したり、プロテクトコードでグループ送信機能を制限することで、操作ミスによる誤送信のリスクを回避します。

    •プロテクト機能
    設定された機能を選択すると管理者パスワードやプロテクトコード入力を要求されます。
    220ヶ所順次同報機能 機器設定登録やリスト出力などの操作を制限することで大切な情報の漏えいを防ぎます。

    •セキュリティ受信
    受信原稿を指定された時刻まで印字せずメモリーに保持します。共有オフィスや夜間に人の出入りのあるオフィスでの機密保持に便利です。

  10. こだわりの操作性
    •ご愛用スイッチキー
    「同報」や「済スタンプ」など、よく使用する機能をあらかじめ「ご愛用スイッチキー」に割り当てておくと、ワンタッチで呼び出せて簡単&スピーディに操作できます。

  11. •マルチカーソルキー
    十字型のマルチカーソルキーを採用。携帯ライクな直観的操作で各種機能設定が行えます。

  12. •フロントオペレーション
    本体のトップカバーが大きく開閉するのでトナー等の交換も簡単です。各種操作や記録紙の補給など、主な操作は機械の前面から行えます。

  13. •用紙が見えやすいカラーリング
    用紙の排出口部分のボディ色に濃いカラーを採用して、用紙とのコントラストを強調。遠い位置からでもファクス受信を簡単に確認することができます。

主な仕様

V−680(標準タイプ)

型式

卓上型/送受信兼用

適用回線

加入電話回線・ファクシミリ通信網

走査線密度

主走査:8dots/mm 
副走査:15.4/7.7/3.85line/mm

電送時間

スーパーG3:2秒台※1・G3:6秒台※2

走査方式

CCDイメージセンサによる固体走査

データ圧縮方式

MH/MR/MMR/JBIG方式

原稿サイズ

幅:120〜257mm 長さ:100〜900mm

有効読取サイズ

最大B4(254mm幅)

記録方式

LED電子写真方式による普通紙記録

給紙方式   
        

(標準)     本体カセット:500枚×1

(オプション) オプションカセット:(増設給紙ユニット):500枚×1

記録紙サイズ

B4/A4/B5ヨコ/A5ヨコ

原稿給紙

ADF(原稿自動給紙)50枚/A4

交信可能機種

スーパーG3機・G3機

伝送速度

33600,31200,28800,26400,24000,21600,19200,
16800,14400,12000,9600,7200,4800,2400bps(自動切替)

使用電源

AC100V  50/60Hz共用

消費電力

低電力モード時:2.9W  待機時:28Wh  送信時:28W  受信時:580W
コピー時:580W  最大:580W

外形寸法

450(W)×557(D)×346(H)mm

質量(記録紙除く)

21.1Kg(ドラム及びトナーカートリッジ、用紙トレイを含む)

※1 A4判700文字程度の原稿を標準画質(8×3.85line/mm)でスーパーG3モード(ITU-T V.34準拠、33.6Kbps)で送信時。

※2 A4判700文字程度の原稿を標準画質(8×3.85line/mm)で高速モード(14.4Kbps)で送信時。
上記は画像のみの電送速度で制御時間は含まれておりません。実際の通信時間は原稿の内容、相手機種、回線の状態により異なります。

 

 

V−680(標準1段仕様)
V-680

本件に関するお客様からの問い合わせ先

村田機械株式会社 グローバルサポート室
山田・外村
電話 075-672-8225
ムラテック販売株式会社 販売本部 販売企画室
花田・酒井
電話 075-672-8136

プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュース一覧へ戻る

情報機器ニュース一覧へ戻る

このページのトップへ