2011年10月20日付ニュースリリース

消費電力を大幅に低減した省エネ型複合機「MFX-2870」新発売

ムラテック販売株式会社
村田機械株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区竹田向代町136 代表取締役社長:村田大介)は、コピー、Super G3ファクス、ネットワークプリンター/カラースキャナーをオールインワンで搭載し、かつ消費電力を大幅に低減したSmart&Ecoなモノクロ複合機「MFX-2870」をムラテック販売株式会社より発売開始いたします。

 

政府主導による低炭素社会実現のための施策実施や昨今の電力事情の変化によって、省エネルギー型機器に対する市場の要望は一層の高まりを見せています。このたび発売する「MFX-2870」は、精密なシステム制御によって節電モード時の消費電力0.7Wという低電力を実現。さらに最小電力モードでは0.3Wという超低電力でありながらFAX着信検知を可能としました。またコピー/ファクス/ネットワークプリンター/スキャナー機能をフル装備した状態でのTEC値(※1)1.50kWhと、クラス最高レベル(※2)の値を達成しました。

 

標準搭載のAll-in-1ネットワークソリューション機能「Information server」は、同シリーズ5世代目となる「Information server 5」に新しく生まれ変わりました。ネットワークスキャン&プリント、Internet FAX、PC-FAX送受信、文書管理といった各機能がさらに使いやすくバージョンアップ。スキャン機能では、Scan to E-mail/フォルダ―/FTPサーバー/ユーザーボックス/USBメモリーに加え、クラウド情報管理ツールEvernote(※3)へ文書を直接送信・保存できる「スキャン to Evernote」機能を搭載。またWebブラウザーを使った操作画面もデザインを一新し、Information serverに保存した文書をサムネイルビューでより視覚的に表示するなど、豊富なネットワーク機能も直感的な操作で使いこなせるスマートな画面に進化しました。

 

ますますニーズが高まるセキュリティー性能も大幅に強化。スキャン文書にパスワードをかける暗号化PDF機能や、文書のプリント時にパスワードロックをかけるセキュリティープリントといったデータ保護機能、ユーザー認証や操作制限、使用枚数管理といった機器アクセス管理機能など、オフィス環境に応じたフレキシブルな設定、管理が可能となりました。また高い信頼性を誇るファクス通信においても、FASEC1に準拠し、セキュアな通信手段として様々なビジネスニーズに応えます。

 

「MFX-2870」は、徹底した省エネ性能と豊富なネットワーク機能を簡単な操作で使いこなすことができる、オフィスの共有機として最適なムラテック・モノクロ複合機シリーズの新フラグシップモデルです。



機種名(タイプ)

本体標準価格(税別)

設置説明費(税別)

発売日

MFX-2870(2段)

1,343,000円

40,000円

2011年11月下旬

MFX-2870(4段)

1,448,000円

* フルカラースキャナー、自動両面読み取り装置、自動両面プリントユニット、スーパーG3 FAX、Information server 5(ネットワークスキャナー&プリンター、Internet Fax、PC-Fax送受信機能)を標準装備。

MFX-2870の主な特長

Smart&Ecoな環境性能

•TEC値1.50kWhを実現
1週間の平均的な消費電力量の目安であるTEC値(※1)において、従来機を大幅に下回る1.50kWhを達成。同クラスFAX機能付モノクロ複合機でトップランナー(※2)となる優れた省エネ効率を実現しました。

•節電モード消費電力0.7W
機器のメインシステムとネットワークシステムに加え、待機応答用LSIを新たに搭載。メインシステムOFF状態でも必要なネットワーク通信に自動応答することで、節電モード時にメイン電源を完全OFFすることが可能となり、消費電力を0.7Wまで抑えることができました。

•最小電力モード消費電力0.3W
夜間や休日など、本体を操作しない時間帯はタイマー設定で「最小電力モード」(※4)に移行、着信ファクスのみに応答します。その間の消費電力はわずか0.3Wという超低電力を達成。使うシーンに合わせて賢く省エネ、Smart&Ecoな機能です。

•節電モードからの高速起動
従来、節電モードからの起動時に時間のかかっていた機器制御プログラム処理を大幅に短縮し、約2.8秒という高速起動で待機モードへの復帰を実現しました。待ち時間のストレスを解消し、使いたい時にすぐ使える「利便性」と「省エネ追求」を両立します。

•高輝度白色LED採用
スキャナーの読取り光源に高輝度白色LEDを採用。低い消費電力で高い照度を保ち、原稿を高画質で読み取ります。また長寿命なので廃棄物の抑制にも貢献します。

•バイオマスプラスチックの利用
再生可能資源から作られたバイオマスプラスチック製品をハーネスのガイド部品として一部利用しています。



多彩なスキャン&プリント機能

•スキャン to Anywhere
スキャン原稿は、E-mail、ネットワークの共有フォルダ―、FTPサーバー、Information serverのユーザーボックス、USBメモリーに手軽な操作で保存。同じネットワーク上のカラープリンターに原稿を自動転送する「スキャンtoカラープリント」機能も搭載し、簡易カラーコピーも簡単に実現します。

•スキャン to Evernote
クラウドデータ管理ツール「Evernote」(※3)に、スキャン文書を直接送信・保存することができます。送信時にタグ情報を付けることもできるので、外出先からモバイルPCやスマートフォンでEvernoteにアクセスして簡単に保存文書を検索、閲覧することができます。

•毎分56枚読み取りの高精細・高速カラースキャナー
最大100枚(A4)の大容量自動両面原稿送り装置を標準搭載。フルカラー/モノクロともに毎分56枚(A4ヨコ片面、300dpi)の高速スキャンで、オフィスのペーパーレス化を促進します。

•ネットワークプリンター標準搭載
Windows(※5)GDI対応のネットワークプリンター機能を標準搭載。通信プロトコルはLPR、Port9100に加えてIPP Ver.1.0にも対応、異なるドメイン下や遠隔地のプリンターにもインターネットを介して直接印字可能です。

•マルチOS対応
オプションのPCL5e/6対応プリンターにより、UNIX系OSやAS/400環境にも対応。さらにオプションのPS3拡張キットでMac OS(※6)やLinuxからの印字も可能となり、様々なOSが混在するオフィスでもこの1台で共有プリンターとして活用できます。

•USBメモリーtoプリント / プリントオンデマンド
USBメモリーに保存されたTIFF/PDF形式の画像データ(※7)や、ネットワークの共有フォルダ―に保存されたTIFF/PDF形式の画像データ(※7)を、本体パネルから直接呼び出して印字することができます。PCレスでも手早く必要な文書を紙に出力することができて大変便利です。



自由自在にドキュメント共有

•ペーパーレスでPC-FAX送受信
Information serverの保存文書やPCで作成した文書を、相手先FAX/Internet FAXへ直接送信。原稿を印字する無駄や手間を省き、より鮮明な画像をスピーディに送信できます。またイントラネット内の対応機同士でIPアドレスを直接指定して通信できるDirect SMTP送受信にも対応しています。
受信したファクス、Internet FAXはInformation serverのメモリーに保存。専用ブラウザー画面で内容を確認して必要な文書だけを印字・保存できるので、用紙の無駄を削減できます。また受信文書を他のユーザーやE-mail宛先に転送して手軽に情報共有することもできます。

•受信ファクスを自在に自動配信
受信したファクス、Internet FAXは、発信元や通信回線などあらかじめ設定した条件に従って、指定ユーザーやファクス、E-mail宛先、ネットワークの共有フォルダ―へ自動配信。「必要な情報を必要な人に」すぐ配信することで、ファクスをリアルタイムなビジネスツールとして活用することができます。

•受信アーカイブ to Evernote
受信ファクス、Internet FAXのアーカイブ先にEvernote(※3)のアカウントアドレスを指定可能。保存先ノートブックやタグ情報も事前に設定でき、リモート環境からの文書検索、閲覧に役立ちます。

•Information server保存文書の自動バックアップ
Information serverに保存した文書を定期的にネットワークの指定共有フォルダ―に自動バックアップ。万が一のメモリーオーバーを防ぎます。バックアップされたデータもWebブラウザー画面で閲覧できるので、Information servr内の文書と合わせてより総合的な文書管理が行えます。



豊富な機能も簡単に使いこなせる

•Webブラウザー画面のデザイン一新
新世代となる「Information server 5」ではWebブラウザー画面を一新。マニュアルがなくても直感的に操作できるように、さらに使いやすい画面に生まれ変わりました。
保存文書は、サムネイルビューとリストビューに簡単に切り替えて閲覧可能。目的の文書を素早く見つけることができます。新着イベントを通知するユーティリティ「インフォモニター」の画面でも新着文書をサムネイル表示。文書を開く前にイメージを確認することが可能です。
またWebブラウザー画面の表示は、文字サイズ3段階、色合い3種類、言語2種類(日英)にそれぞれ設定可能。ユーザー毎に見やすい表示にカスタマイズできます。

•本体とWebブラウザー画面の操作を統一
従来「機器本体からのみ」「Webブラウザー画面からのみ」と、それぞれ独立していた各種設定や機器状態の表示を、本体・Webブラウザー画面のどちらからでも設定可能になりました。また、本体とInformation serverでそれぞれ独立していた宛先表も1つに統合し、シームレスに利用できるようになりました。

•「My MFP」メニュー / 「お気に入り」タブ
よく使う機能を6つ「My MFP」メニューとして登録可能。専用の[My MFP]ボタンからワンタッチで呼び出して、目的の機能を探す手間を省きます。ユーザー毎のカスタマイズ登録も可能です。
また、スキャンの際によく使用するE-mail/フォルダ―/FTPサーバー/ボックスなどの宛先を、ユーザー毎に最大10件まで「お気に入り」タブに登録できます。

•パーソナル設定
複数のユーザーで機器を共有する際、待機画面や初期値の設定、宛先表などをユーザー毎にカスタマイズすることができます。専用の[パーソナル]ボタンで共有画面⇔個人画面をワンタッチで切替えて、使うシーンに応じた操作画面を簡単に呼び出すことが可能です。



安心のセキュリティー機能

•セキュリティープリント
文書を印字する時、プリントドライバーで認証ユーザーをあらかじめ指定しておくと、文書はInformation serverのメモリーに一旦保存されます。パネル操作でユーザーID/パスワードが一致した時だけ印字するので、第三者に見られたくない情報を確実に印字するのに便利です。

•暗号化PDF生成
PDF形式でスキャンする際、文書にプリント/編集/コピー制限や開封パスワードをかけることができます。機密文書を共有フォルダ―へ保存したりE-mail送信する時に便利です。またInformation serverの保存文書をダウンロードする時にも設定できて、バックアップデータのセキュリティーも安心です。

•ユーザー認証 / ユーザーポリシー設定
Information serverのユーザー情報を使って、機器へのアクセス認証を行うことができます。Active Directory認証にも対応、オフィスのネットワーク環境に応じて最適な認証方式を採用できます。またMFPの各機能や機器設定などの利用権限ルールを任意に設定し、各ユーザーの権限をフレキシブルに設定することもできるので、機器の適正な使用管理に役立ちます。

•ユーザー使用状況管理
各ユーザー&グループ単位で、コピー/ファクス/スキャン/プリント各機能の使用枚数を集計可能。枚数当り単価を設定して使用枚数と料金を一覧表示することもできて、複数部門で機器を共有する際のコスト管理などに大変便利です。

•ファクスセキュリティー「FASEC1」準拠
社団法人・情報通信ネットワーク産業協会がファクシミリ通信のセキュリティー向上を目指して制定したガイドライン「FASEC1」に準拠。宛先2度押し・同報禁止・セキュリティー受信・通信結果確認/レポートなどの機能を搭載し、セキュアなファクス通信環境を提供します。



充実装備で快適コピーワーク

•クイックスタート&分速28枚コピー
節電モードからの復帰2.8秒という高速起動で操作を受付け、消費電力の低減と快適な操作性を両立しました。また分速28枚(A4ヨコ片面、600dpi)の連続コピー速度で高い生産性を実現します。

•最大2,300枚の大容量給紙
給紙カセットにはそれぞれ550枚の用紙がセットできます。マルチ手差し100枚(A4)も標準装備、最大2,300枚(4段タイプ)の大容量給紙が可能です。また、全ての用紙カセットがA3〜A5までの用紙サイズに対応し、サイズ変更も簡単に行うことができます。

•回転仕分け
同じサイズの用紙をカセットにタテ・ヨコそれぞれの方向にセットしておくと、複数部を印字する時、1部ごとにタテ/ヨコの各カセットから交互に給紙することができます。専用のソーター無しに省コスト・省スペースで自動仕分けを実現します。

•カードコピー
名刺や免許証などカードサイズの両面原稿を、操作パネルのガイドに従って表・裏の順に読み取り操作を行うだけで、1枚の用紙にすっきり収めてコピーすることができます。

•背景除去モード
原稿の読み取り時に「背景除去モード」&「濃度自動」に設定することで、原稿データを自動判別して地色補正処理を実行し、文字や罫線をよりクリアに再現することができます。複写伝票や車検証、新聞など地色のある原稿の読み取り時に大変便利です。



信頼のビジネスファクス

•スーパーG3標準搭載
ITU-T国際規格V.34準拠。さらに600dpi送受信機能搭載。スーパーG3モード(33.6kbps)で2秒台電送(※8)を実現(28.8kbpsの場合は3秒)。誰もが安心して使える確実な通信手段としてビジネスを強力にサポートします。

•最大同報2,030件
宛先表には最大2,000件の宛先を登録可能。直接指定の30件と合わせて最大で2,030件の宛先へ順次同報が可能です。

•両面送受信
表裏両面に印字された原稿も、自動両面原稿送り装置から1回の操作で送信できます。また受信時は、2枚分の原稿を1枚の用紙に両面印字して用紙を節約することもできます。


MFX-2870の主な仕様

基本仕様

形式

床上型(コンソールタイプ)

メモリー

256MB (画像蓄積領域:112MB)

読み取り解像度

600x600dpi

記録解像度

600x600dpi

複写方式

LEDを露光光源とする乾式電子写真記録方式

複写サイズ

[カセット]A3/B4/A4/B5/A5 

[手差しトレイ] A3/B4/A4/B5/A5、はがき/往復はがき/長形4号/角形2号/不定形(長さ140-432mm、幅90-297mm)

ウォームアップタイム

18.3秒 ※給紙開始までの時間:30.9秒

ファーストコピータイム

5.5秒

連続複写速度

28枚/分 (A4ヨコ片面、600dpi)

給紙方式

[2段タイプ] カセット550枚×2+手差しトレイ100枚 (A4)
[4段タイプ] カセット550枚×4+手差しトレイ100枚 (A4)

電源

AC100V±10% 50/60Hz共用

待機電力

待機時: 72Wh 節電モード時:0.7W 最小電力モード時:0.3W

消費電力

最大940W (フルオプション時)

大きさ

[2段タイプ] 幅621×奥行き722×高さ1,116mm

[4段タイプ] 幅621×奥行き722×高さ1,121mm

質量(消耗品除く)

[2段タイプ] 約79.1Kg

[4段タイプ] 約91.2Kg

環境条件

周囲温度:10-32℃ 相対湿度:20-80%

プリンター仕様

ページ記述言語

[標準] GDI [オプション]PCL5e、PCL XL、PostScript3、XPS、PDF(PDF1.7 Compatibility)

対応プロトコル

TCP/IP (LPR:IPv4, Port9100 IPP:IPv6/IPv4)

インターフェイス

USB2.0 (Hi-Speed)、Ethernet 10BASE-T/100BASE-TX

スキャナー仕様

型式

カラースキャナー

読み取りサイズ

最大A3

読み取り解像度

600dpi/300dpi/200dpi/100dpi

原稿読み取り速度

カラーモノクロとも56枚/分(A4ヨコ片面、300dpi)

ファクス仕様

適用回線

加入電話回線

走査線密度

超高画質:600×600dpi/16dpm×15.4lpm 高画質:8dpm×7.7lpm 標準:8dpm×3.85lpm

伝送時間

スーパーG3:2秒台(※8)、G3:6秒(※9)

PC-FAX仕様

最大解像度

600dpi

原稿サイズ

A3/B4/A4

インターネットファクス仕様

通信規格

ITU-T T.37 (Simple Mode、Full Mode)

通信速度

100Mbps

通信プロトコル

送信: SMTP/ESMTP、受信:SMTP/POP3

送信原稿サイズ

A3/B4/A4

データフォーマット

TIFF-FX、PDF

(※1) 国際エネルギースタープログラムで定められた測定法による数値。
(※2) 2010〜2011年8月までに国内市場で発売されたモノクロ40枚機以下のA3複合機で、コピー/ファクス/プリンター/スキャナー機能付製品(当社調べ・2011年9月現在)。
(※3) EvernoteはEvernote Corporationの登録商標または商標です。ご利用にはあらかじめEvernoteのアカウント登録が必要です。
(※4) 工場出荷初期値はOFF
(※5) Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国、日本及びその他の国における登録商標または商標です。
(※6) MacintoshおよびMac OSはApple Inc.の商標です。
(※7) Information serverで送受信したTIFFもしくは本体でスキャンしたTIFF/PDF形式の画像が対応。
(※8) A4判700文字程度の原稿を標準画質(8×3.85line/mm)でスーパーG3モード(ITU-T V.34準拠、33.6Kbps)で送信時。画像のみの電送速度で制御時間は含みません。実際の通信時間は原稿の内容、相手機種、回線の状態により異なります。
(※9) A4判700文字程度の原稿を標準画質(8×3.85line/mm)で高速モード(14.4Kbps)で送信時。画像のみの電送速度で制御時間は含みません。実際の通信時間は原稿の内容、相手機種、回線の状態により異なります。

 


MFX-2870

 

※写真はMFX-2870 4段タイプです。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

村田機械株式会社 グローバルサポート室
山田・外村
電話 075-672-8225
ムラテック販売株式会社 販売本部 販売企画室
花田・井上
電話 075-672-8136

プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュース一覧へ戻る

情報機器ニュース一覧へ戻る

このページのトップへ