企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • News

2014年04月01日

射出成形機用フルクローズド金型制御システムの販売について

村田機械株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区竹田向代町136 社長:村田大介)制御機器事業部は、射出成形機の金型に簡単に装着できる、位置センサモジュール「BIC0308」を中核とした、電動サーボ射出成形機用フルクローズド金型制御システムの販売を4月1日より開始します。

 

近年、成形加工の分野においては、スマートフォン、タブレット端末等に用いられるレンズの高精度化や導光板の薄肉・軽量化などの要求が高まっています。また自動車部品においてもエンジン周りの駆動系統、ブレーキ系統、燃焼系統などに、従来の重たい金属に代わって、軽量のエンジニアリングプラスチックが使われるようになってきました。また、こうした精密成形の品質向上には一般の射出成形法ではなく、分子配向が起こりにくい射出圧縮成形法が用いられるケースも増えています。

これらの成形製品に対しては従来以上の加工品質が求められるとともに、コスト要求に応えるために成形加工における歩留り向上もこれまで以上に求められています。なかでも品質・歩留りの向上に直結する射出成形機のコア、キャビティの精確な制御が重要なポイントとなります。

 

当社の射出成形機用フルクローズド金型制御システムは、耐環境性にすぐれた当社の磁気誘導式センサ「BIC0308」を組み込んだ金型位置計測モジュールの計測値を、電動サーボ射出成形機のサーボアンプにフィードバックすることにより、金型の開き量を常に±3μm以下で制御することを可能としました。

 

金型に取り付ける位置センサモジュール「BIC0308」は、磁気誘導式センサの特長である、耐高温・耐高湿度・耐衝撃・耐水などの性能と耐久性を有しており、当社では各種テストでその性能を確認しており、金型にセンサを直接取り付ける方法を含め同じ目的で従来使われてきた計測方法に比べ、耐環境性能を有するため正確な計測を可能としています。

 

既に成形機メーカーとの協力のもとに国内2社に本システム搭載の実績があります。また1社については既にオプション装置として設定されています。本制御システム開発や成形機への実装には成形機メーカーの協力が必要となりますが、現場で稼働中の電動サーボ成形機への付加も可能です。本制御システムについては、当社にて開発することはもちろん、ユーザー様ご自身で開発される場合にも事前のコンサルティングを含め当社にて技術的支援をご提供いたします。現時点では国内2社の成形機に対応していますが、今後他の国内外の射出成形機メーカーとの協力を進めて、さらに多くの機種に対応するべく準備を進めています。

当社では本製品を2014年4月16日(水)~19日(土)にインテックス大阪で開催されるインターモールド2014(第25回金型加工技術展)に出展いたします。


インターモールド2014概要
  インテックス大阪 2014年4月16日(水)~19日(土)
  10:00~17:00(最終日19日(土)は16:00まで)
  小間番号 6B-318

■ムラテック・磁気誘導式センサの特長

位置センサモジュール「BIC0308」で使用されている磁気誘導式センサは、磁気誘導方式の検出部(入力)と変換部(出力)から構成され、検出部は非接触式の電磁コイルのみで構成されているシンプルな構造。加えて独自の検出方式によりアブソリュート検出を実現しています。また優れた繰返し性と高精度・高分解能を有し、シンプルな構造は振動や衝撃に強く、油・塵埃・温度などへの耐環境性にも優れています。変換部は検出部とは分離して設置できるため、環境による影響の少ない遠隔スペースに設置することも可能です。シンプルで耐環境性に優れた構造によりメンテナンス性にも優れ、産業機械に求められる厳しい環境下でも使用が可能で、製鉄所の圧延工程や油圧機器などで多くの使用実績があります。

 

BIC0308
BIC0308

掲載されている情報は発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ