企業情報

  • 企業理念
  • ブランド
  • 会社情報
  • 企業拠点
  • 関連会社
  • ニュース

2014年5月9日付ニュースリリース

A3フルカラーデジタル複合機
「MFX-C3680N」「MFX-C2880N」「MFX-C2280N」「MFX-C2280K」 新発売

ムラテック販売株式会社
村田機械株式会社

村田機械株式会社(本社:京都市伏見区竹田向代町136 代表取締役社長:村田大介)は、A3フルカラーデジタル複合機「MFX-C3680N」「MFX-C2880N」「MFX-C2280N」「MFX-C2280K」の4製品(以下「MFX-C3680Nシリーズ」)を2014年6月上旬より順次発売します。

 

MFX-C3680Nシリーズは、2012年11月に発売した「MFX-C3680」「MFX-C2880」「MFX-C2280」の後継機となるA3フルカラーデジタル複合機です。毎分連続印字速度36枚(MFX-C3680N)、28枚(MFX-C2880N)、22枚(MFX-C2280N、MFX-C2280K)のラインナップを取り揃えると共に、MFX-C2280Kではトナーカートリッジの購入に機器の保守サービスが付帯する保守方式「キットサービス方式」を新たに採用。プリントボリュームの少ないオフィスでもカラー複合機を導入しやすい保守方式でお客様の選択肢が広がりました。
またMFX-C3680Nシリーズは、コピー・スキャン・プリント・インターネットファクス機能を標準搭載。電話回線を使用するスーパーG3ファクス機能はオプション設定とし、オフィスのニーズに合わせてお選びいただけます。

 

またPCからデジタル複合機のドキュメント管理を可能にするオプション機能「インフォメーションサーバー」をバージョンアップ。当社の「インフォメーションサーバー」シリーズは、デジタル複合機のスキャンデータやファクスデータを使いやすいWeb操作画面で一元管理し、きめ細かい自動配信機能によってファクスのペーパーレス化を実現するなど、デジタル複合機のポテンシャルを引き出すオプションとしてA3複合機における装着率が約60%と大変好評をいただいている機能です。最新バージョンとなる「インフォメーションサーバー5X」ではWeb操作画面の表示パフォーマンスを大幅に向上させるとともに、無線LAN対応タイプを設定するなど、業務の効率UPに大きく貢献します。




■本体標準価格(税別)

機種名(タイプ)

印字速度
(A4ヨコ)

保守サービ
ス方式

本体標準価格

設置説明費

出荷開始

MFX-C3680N

毎分36枚

トータル
サービス

 

 

1,500,000円

50,000円

2014年6

月上旬

MFX-C2880N

毎分28枚

1,210,000円

MFX-C2280N

毎分22枚

1,080,000円

MFX-C2280K

毎分22枚

キット
サービス

1,080,000円

2014年7

月上旬


MFX-C3680Nシリーズの主な特長(前任機からの主な変更点)

キットサービス保守モデルをラインナップ
従来のトータルサービス方式※(「MFX-C3680N」「MFX-C2880N」「MFX-C2280N」が対応)に加えて、キットサービス方式の保守に対応した「MFX-C2280K」を新たにラインナップ。トナーカートリッジの購入に機器の保守サービスが付帯する方式で、プリントボリュームの少ないオフィスでも機器の使用頻度に応じた適正なランニングコストでカラー複合機を導入できます。
※ 月額基本料金と印字枚数あたりの単価を設定し、その対価として機器の保守サービスを提供する方式。




「インフォメーションサーバー5X」オプション
Webブラウザーを使った見やすい操作画面での文書管理機能やきめ細かいファクス自動配信機能など、オフィス文書のペーパーレス化を促進するインフォメーションサーバーのコア機能を継承。新CPU採用によりWeb画面の表示速度を大幅に改善し、ストレスのない快適な画面操作が可能となりました。またOCR機能による保存文書のキーワード検索や音声合成エンジンによるファクスの相手先名読み上げ機能、Web画面での文書編集・補正といった新機能にも対応し、さらに使いやすく進化しました。
モデル構成は有線LAN専用の「IsBOX-3100」と、有線・無線LAN両対応の「IsBOX-3150」の2タイプをご用意。無線モデルには通信の安定性と低消費電力に定評のある村田機械のグループ会社であるサイレックス・テクノロジー社の無線モジュールを搭載しています。

■インフォメーションサーバー5X標準価格(税別)

機種名

インターフェース

標準価格

IsBOX-3100

有線LAN

198,000円

IsBOX-3150

有線LAN・無線LAN

213,000円

  IsBOX-3150(IsBOX-3150)




マルチタッチ対応でタブレットライクな操作パネル
本体の操作パネルとして9インチの大型カラー液晶画面を搭載。新たにマルチタッチにも対応した静電式タッチパネルで、タップやフリック、ピンチイン・ピンチアウト、ローテーションといったタブレットやスマートフォンで親しまれている操作を採り入れ、より直感的で分かりやすい操作性を実現しました。




低消費電力と機械の生産性を両立
機械の1週間の平均的な消費電力の目安であるTEC値を前任機より15%以上低減し、国際エネルギースタープログラムバージョン2.0の基準値を大幅にクリアしました。一方、スリープ状態から18秒以下※という短時間で復帰し、また原稿カバーの開閉や原稿セットといったユーザーの動作を検知して自動復帰するなど、操作性と省エネをスマートに両立しています。
※ MFX-C2880N/C2280N/C2280Kの値。MFX-C3680Nは20秒以下。



MFX-C3680Nシリーズの主な機能

使いやすさにこだわった操作性の追求


1.9インチ大型カラータッチパネル
9インチのWVGA TFT大型カラー液晶を搭載した操作パネルは、高照度LEDバックライトで明るくクリアな画面表示です。静電式タッチパネルを採用し、タブレットやスマートフォンで広く利用されているマルチタッチにも対応。軽くなぞるような指の動きでタップやフリック、ドラッグ、ピンチイン・ピンチアウト、ローテーションといった柔軟な操作を行えます。また、よく使う機能をメニュー画面や各機能のトップ画面にカスタマイズ登録できるので、より少ないステップでスピーディに操作できます。


2.必要な場面で呼び出せるソフトテンキー
コピー部数やファクスの相手先番号など、数字の入力場面に応じて画面にテンキーを呼び出せます。またオプションでキーパッドの装着も可能です。

 
テンキーが画面にポップアップ表示
 
キーパッド装着時



3.誰もが使いやすいユニバーサル設計
操作パネルは25〜55度の角度でフリーストップ可能なチルトタイプを採用。使用者の視点の高さに合わせて調整できます。液晶表示のレイアウトは通常表示の他に、よく使う基本機能を中心に組み替えた「拡大表示」にも切り替えられるので、通常表示が見難い場合に役立ちます。また機械の操作音量や音色を操作種類ごとに個別に設定できるようになり、機械の状況を音だけで判断しやすくなりました。快適なユニバーサル設計で様々な利用シーンにフィットします。




オフィスの中心で活躍する高い生産性


1.選べる2種類の両面読み取りカラースキャナー
原稿の両面を1回の通紙で同時に読み取る1パス両面スキャナーと、循環型3パススキャナーの2種類をご用意。1パス両面スキャナーの読み取り速度は両面読取時で毎分160ページ※と、片面読取時(毎分80ページ※)に対して生産性200%を実現しました。
※ A4ヨコ/300dpi時。原稿の種類によって読み取り速度が異なります。


2.幅広いメディアサポート
印字用紙の紙厚は52g/m2の薄紙から300g/m2の厚紙まで幅広く対応。原稿も35g/m2の薄紙から通紙可能です(片面読取り時)。またA3サイズの原稿をトンボ付きで出力できるSRA3(320×450mm)用紙や最長1,200mmの長尺用紙など、ビジネスで使用される幅広い用紙種類をサポートし、印刷の内製化によるTCO削減をサポートします。


3.最大2,365枚の大容量給紙
給紙トレイにはそれぞれ550枚の用紙がセットでき、オプションの装着により最大4段まで増設可能です。マルチ手差し165枚(A4)も標準装備し、最大2,365枚の大容量給紙を実現しました。さらにオプションの2,500枚給紙キャビネット※を装着すると、最大3,815枚まで増設可能です。
※ 給紙可能な用紙サイズはA4のみ


4.多彩なフィニッシャーオプション
大容量積載可能なフロアフィニッシャー、本体幅に収まるコンパクトなインナーフィニッシャー、ジョブセパレーターなど、多彩なフィニッシングオプションをご用意。大量の配布資料やDM、チラシや小冊子など様々な印刷物をスピーディに出力し、印刷物の内製化を促進します。中とじ機※には重ね三つ折り専用ナイフを搭載し、カラーでも3枚まで自動三つ折りが可能です。
※ フロアフィニッシャーの拡張オプション


5.高速起動・高速コピー
主電源ONから操作可能になるまでのウォームアップタイムは20秒以下。さらにコピーボタンを押してから1枚目の用紙が排出されるまでのファーストコピータイムも、カラー6.9秒/モノクロ5.3秒※と高速・快適なコピーワークを支えます。
※ MFX-C3680Nの値。 MFX-C2880Nはカラー7.7秒/モノクロ5.9秒、MFX-C2280N/C2280Kはカラー8.3秒/モノクロ6.9秒


6.250GB HDD(ハードディスク)ボックス標準装備
ボックスに保存したデータは、コピー・プリント・E-mail・ファクス※送信・ダウンロードと様々に再利用できます。ボックスは、個人別・部門別・宛先別など目的に応じて自在に分類でき、保存データの移動やコピーといったデータ整理も手軽に行えるので、効率的に情報を共有・活用できます。
※ オプション




ネットワークフルカラープリンター


1.1,200dpi高画質印字で細線も滑らかに表現
細線の再現性に優れたリアル1,200dpiプリント解像度を採用。高密度化により、斜め線や曲線など繊細なラインも滑らかに表現します。さらに1,200dpiモードでも600dpiモードと同じ出力スピードで生産性を落としません。


2.マルチOS対応Ethernet 10Base-T/100Base-TX/1000Base-Tインターフェース標準装備。Windowsクライアントやサーバー、MacなどのマルチOSに対応し、様々なOSが混在するオフィスでもこの1台で共有のネットワークプリンターとして快適に利用できます。


3.最長1,200mm長尺印字
オプションのセットガイド装着で、最長1,200mmまでの長尺用紙に連続印字可能。ポスターや店頭POP、バナーの内製化が可能となり、外注コスト削減と納期短縮に貢献します。


4.Office Open XML対応ダイレクトプリント
XPS、PDF、TIFF、JPEG形式に加えて、MS Office 2007からWord、Excel、PowerPointの保存形式として新たに採用されたOffice Open XML形式のファイルもダイレクトプリントに対応。定型文書を頻繁に印字する際など操作時間を短縮できます。


5.ドライバーレスでE-mail受信プリント※1
出力したいファイル※2をE-mailに添付して本体へ送信すると、受信した本体で印字することができます。タブレット端末などプリンタードライバーをインストールしていないデバイスでも文書を手軽に印字できる便利機能です。
※1 オプション ※2 対応ファイル形式:PDF、コンパクトPDF、JPEG、TIFF、XPS、コンパクトXPS、OOXML(docx、xlsx、pptx)




ネットワークフルカラースキャナー


1.多様な宛先にドキュメント保存・共有
スキャンした原稿は、E-mailやネットワーク上の共有フォルダー、本体ボックス(HDD)、FTP/WebDAVサーバー、USBメモリー、タブレット端末など様々な宛先に送信・保存でき、情報共有を簡単&スピーディに実現します。


2.原稿に最適な読み取りモード設定
普通紙よりも薄い原稿の読み取り時に、紙の搬送速度を下げて巻き込みにくくする「薄紙原稿モード」や、幅や長さのサイズが異なる複数枚原稿を一度に読み取ってもページごとにサイズを検知して読み込む「混載原稿モード」など、原稿の種類に合わせて最適な読み取り設定を選択できます。


3.リアルタイムプレビュー
スキャン、ファクス原稿の読み取り中に、原稿を1ページずつ操作パネルにリアルタイムでプレビュー表示。原稿の向きを確認して、必要に応じて回転させてからデータ送信できます。ピンチイン・ピンチアウト操作で画像を拡大・縮小したり、フリック操作でページ送りしながら原稿の詳細を確認できます。


4.様々なファイル形式に変換して再利用
PDF,TIFF, JPEG, XPSに加えて、高圧縮でファイルサイズを抑えるコンパクトPDFやPowerPoint形式※1といった様々なファイル形式に変換できます。さらにi-Option「LK-110」の装着により※2スキャン文書をOffice Open XML形式のWord(docx)やExcel(xlsx)ファイルに変換し※1、OCR処理※3が可能になります。紙文書を汎用性の高いOffice文書に変換することで、再利用を促進します。
※1 Microsoft Office 2007以降のバージョンに対応 ※2 オプション ※3 OCRの結果は100%ではなく正しく処理できない場合があります。




フルカラーコピー


1.両面・集約コピーでコスト節約
最大8ページ分の原稿を縮小して1枚の用紙に集約コピーできます。用紙の表裏に自動印字する両面印字機能と組み合わせることで、紙の使用量をさらに減らして環境配慮に貢献します。


2.カードコピー
名刺、免許証などカードサイズの両面原稿の表裏を、簡単な操作で1枚の用紙にすっきり収めてコピーします。


3.原稿外消去機能
書籍や帳票など不定形原稿のコピーを取る時に、原稿カバーを開けたままでも影が出ないよう背景を白く処理してコピーすることで、トナーの無駄遣いを防ぎます。


4.2色カラーコピー/プリント
社内向け文書などフルカラー出力が不要な時、ブラック+任意のカラー1色の計2色でカラーコピー/プリントできます。文書の表現力を保ちつつトナー消費を抑える便利な機能です。
※ プリントはPCLドライバーのみ可能




ファクス機能


1.ファクス機能をオプション化、選べるモデル構成
従来は標準搭載だったファクス機能を初めてオプション化。オフィスのニーズに合わせて、ファクス機能を外したセットアップも可能になりました。


2.インターネットファクス機能を標準搭載
ITU-T国際規格T.37準拠インターネットファクス機能を標準搭載。またオプションのFAXキットを装着することで、イントラネット内の対応機同士で相手先IPアドレス指定で直接通信するDirect SMTPも利用できます。


3.信頼のビジネスファクス機能
オプションのFAXキット装着で、スーパーG3モード(33.6kbps)対応ファクス機能が利用可能になります。2,000件の短縮ダイヤル、最大同報600件、グループ登録100件など充実のビジネススペックを装備し、オプションで2回線マルチポート※にも対応。さらに最大4回線まで拡張※できるので、ヘビーユーザーや共有機としての利用にもしっかり応えます。
※ オプション


4.受信文書を印字前に操作パネルで確認
受信ファクスを「強制メモリー受信ボックス」に保存。操作パネルで内容を確認して必要な文書のみ印字できるので、ダイレクトメールなど不要な文書の印字コストを削減できます。




セキュリティー機能


1.FASEC1準拠 誤送信防止機能※
ファクシミリ通信のセキュリティー向上を目指して制定されたガイドライン「FASEC1」に準拠。宛先2度入力や宛先確認表示、メモリー受信&PC転送、通信結果確認・レポートといった誤送信防止機能を搭載し、ファクス通信のセキュリティー性を高めます。
※ オプションのFAXキット装着時


2.オフィス環境に合わせてユーザー管理※
機械単体で行う認証機能に加えて、オフィスで運用している認証システムと連動してシームレスなユーザー管理を行うことができます。認証装置として、ID管理や入退室管理に広く使われているSSFC対応非接触ICカード認証オプションや、「なりすまし」が不可能な指静脈パターン認識によるバイオメトリクス認証オプションもお選びいただけます。
※ オプションのインフォメーションサーバー5X装着時は、ユーザー認証・部門管理機能は利用できません。


3.セキュリティープリント
印刷データにIDとパスワードを付けて本体のセキュリティー文書ボックスに保存。操作パネルで入力したID/パスワードが一致した時だけ印字するので、機密性の高い文書を印刷する際に第三者に見られず安心です。印刷物の紛失や置き忘れ防止にも役立ちます。


4.コピープロテクト
コピーやプリントの際、「複写」や「社外秘」などの文字を背景パターンの中に目立たない文字として埋め込んで印字できます。その用紙がコピーされると隠し文字が用紙全体に浮き出て、それがコピーであることが判別できます。さらにオプションのセキュリティーキットでは特定のパターンを埋め込んで印字することで、本機能に対応した機械でその用紙をコピーしようとした時にパターンが読み取られてコピーを中断、ジョブを破棄する「コピーガード」機能も利用できます。




スマートに環境配慮


1.消費電力をさらに低減
1週間の平均的な消費電力の目安であるTEC値※1を前任機より15%以上低減した1.4kWh※2に抑え、国際エネルギースタープログラムバージョン2.0に適合しています。またスリープ中に使用しない回路への電源供給をきめ細かく制御することで、スリープモード時の消費電力を前任機の1/3となる1Wに抑えました。
※1 国際エネルギースタープログラムで定められた測定法による数値
※2 MFX-C2280N/C2280Kの値。 MFX-C3680Nは2.2kWh、MFX-C2880Nは1.7kWh


2.スリープからの素早い復帰
スリープ状態から18秒以下※の短時間で復帰し、省エネと快適な操作性を両立しました。スリープ時に指を操作パネルに近づけると静電容量の変化を検知して自動復帰する「近接センサー」や、自動原稿送り装置への原稿セット、原稿カバーの開閉などユーザーの自然な動作に合わせてきめ細かく待機モードへ復帰する手段を設けています。
※ MFX-C2880N/C2280N/C2280Kの値。 MFX-C3680Nは20秒以下


3.省電力スキャン
機械の待機モードを「ファクス」「スキャン」に設定している時に、定着ヒーターを起動させずに機械を操作できる「エコスキャン」設定を搭載。コピーモードに切り替える時だけヒーターが起動するので、無駄な電力を消費しません。スキャン機能をメインに使用する場合に有効です。


4.学習機能付ウィークリータイマー
曜日や日付、昼休みなど、機械の使用状況に合わせてきめ細かくスリープモードをON/OFF設定できます。また過去4週間の機械使用状況を記録してタイマーを自動修正する「学習機能」も備え、より高精度な節電管理が可能になりました。


5.環境基準・認定への適合
■国際エネルギースタープログラムに適合
当社は本製品が国際エネルギースタープログラムの対象製品に関する基準を満たしていると判断します。
■エコマーク認定を取得
資源採取や廃棄などの問題に取り組み、稼働時や待機時の消費電力が小さく、地球環境に配慮した製品として、(財)日本環境協会によるエコマークの認定を取得しています。
■グリーン購入法の判断基準に適合
■バイオマスプラスチックの利用
再生可能資源から作られたバイオマスプラスチック素材を操作パネルキーの一部に利用しています。




スマートに環境配慮


1.消費電力をさらに低減
1週間の平均的な消費電力の目安であるTEC値※1を前任機より15%以上低減した1.4kWh※2に抑え、国際エネルギースタープログラムバージョン2.0に適合しています。またスリープ中に使用しない回路への電源供給をきめ細かく制御することで、スリープモード時の消費電力を前任機の1/3となる1Wに抑えました。
※1 国際エネルギースタープログラムで定められた測定法による数値
※2 MFX-C2280N/C2280Kの値。 MFX-C3680Nは2.2kWh、MFX-C2880Nは1.7kWh


2.スリープからの素早い復帰
スリープ状態から18秒以下※の短時間で復帰し、省エネと快適な操作性を両立しました。スリープ時に指を操作パネルに近づけると静電容量の変化を検知して自動復帰する「近接センサー」や、自動原稿送り装置への原稿セット、原稿カバーの開閉などユーザーの自然な動作に合わせてきめ細かく待機モードへ復帰する手段を設けています。
※ MFX-C2880N/C2280N/C2280Kの値。 MFX-C3680Nは20秒以下


3.省電力スキャン
機械の待機モードを「ファクス」「スキャン」に設定している時に、定着ヒーターを起動させずに機械を操作できる「エコスキャン」設定を搭載。コピーモードに切り替える時だけヒーターが起動するので、無駄な電力を消費しません。スキャン機能をメインに使用する場合に有効です。




インフォメーションサーバー5X機能(オプション)


1.フレキシブルなファクス自動配信機能
MFP本体で受信したファクス文書を、発信元情報や期間など様々な配信条件に従ってインフォメーションサーバーの文書ボックスやファクス、E-mail、ネットワーク共有フォルダーに自動配信できます。配信設定は最大1,000件まで登録可能。フレキシブルな配信設定で、必要な人へ必要な情報をすぐに届けて業務効率をUPします。

  


2.音声対応「インフォモニター2」で新着通知
ファクスの受信通知やPC-FAX送信の完了をPCに通知するツール「インフォモニター」が、新たに音声合成機能を搭載して「インフォモニター2」に進化。ファクス送受信の相手先番号が宛先表に一致すると、登録名称を音声合成で自動読み上げします。


3.分かりやすいWeb操作画面で文書管理
スキャン文書、ファクス文書を見やすいWeb画面で管理できます。使いやすさで定評のある操作画面をさらに改善し、文書のサムネイル表示レイアウト改善や未読文書の強調表示、1画面の表示件数増加など、お客様の声を反映してより使いやすさを追求した画面にリニューアルしました。

    (文書ボックス画面)


4.Web操作画面の表示速度UP
新CPU採用によりWeb画面の表示速度を大幅に改善。ストレスのない快適な操作を実現します。


5.OCR機能で保存文書の検索性UP
新たにOCRエンジンを搭載することで、文書ボックスに保存された文書内から任意のキーワードで検索してヒットした文書を絞り込み表示できます。また未既読状態や保存日など文書の属性でも絞り込みできるので、目的の文書を素早く探し出すことができます。


6.Web画面で文書を自在に編集
文書ボックスに保存した文書を画面上でそのまま編集したり、傾きを補正したりして上書き保存できます。受信ファクスにコメントやスタンプを追記したり、不要な部分を白塗り消去した後そのままPC-FAXで返信・転送できるので、FAXのペーパーレス利用がより簡単になります。


7.Web画面で手軽にPC-FAX送信
文書ボックスの保存文書やPCで作成した文書をWeb画面からダイレクトにPC-FAX送信できます。2,000件登録可能な宛先表、200件登録可能なカバーページなど、ビジネスファクスとして必要な機能を装備しています。


8.無線モデル(IsBOX-3150)をアクセスポイントに利用
無線モデル「IsBOX-3150」をアクセスポイントとして、ノートPCやスマートフォンなどの無線クライアント端末を社内ネットワークに参加させることができるので、モバイル端末のビジネス利用に役立ちます。タブレット端末でインフォメーションサーバー5Xにアクセスして受信ファクス文書を確認したり、タブレット文書※1,2をMFP本体からダイレクトプリントすることができます。
※1 対応ファイルはPDF, TIFF, JPEG, PNG, BMP, PostScriptの画像ファイルです。テキスト情報を含むファイルは印字できません。
※2 iOS端末で選択できるファイルは「カメラロール」に保存されている画像のみです。



MFX-C3680Nシリーズ


MFX-C3680N本体に自動両面原稿送り装置と2段給紙キャビネットを装着した状態です。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

ムラテック販売株式会社 販売本部 販売企画室
山田・外村
電話 075-672-8136

プレスリリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

ニュース一覧へ戻る

情報機器ニュース一覧へ戻る

このページのトップへ