muratecの歩みmuratecの歩み

1935年
合名会社西陣ジャカード機製作所設立
1946年
手動ワインダーの生産開始、紡績機械分野に進出
1961年
タレット旋盤を開発し、工作機械事業へ進出
1962年
村田機械株式会社に社名変更
犬山事業所操業開始
ツールキャビネットの生産開始、物流機器事業へ進出
1970年
コンピューター制御高速自動化倉庫を発表
タレットパンチプレスの販売を開始し、工作機械の板金加工機械分野への参入
1972年
ファクシミリ事業に参入
1973年
加賀工場操業開始
電電公社(現NTT)のファクシミリ型式認可第一号を獲得
1974年
竜王工場操業開始
1979年
マッハスプライサー付き自動ワインダーを出展
1985年
京都市伏見区(現在地)に本社を移転
1989年
大分工場操業開始
統一ブランド「muratec」導入
1992年
本社構内にR&Dセンター完成
1993年
平行2軸型旋盤「MWシリーズ」を販売開始
1997年
超速革新空気精紡機MVS(ムラタボルテックススピナー)を出展
2000年
犬山事業所に50m超高層自動倉庫を建設
2012年
クリーンFA事業部を設立
2013年
センサシステム事業を中心とする制御機器事業部を設立
繊維機械
工作機械
L&A
情報機器
クリーンFA
制御機器
ページトップへ