キャリア対談キャリア対談

ダイナミックな機械の動きに惹かれて

山田
大学で学んだ機械系の知識を活かしたいと考えて、就職活動では自動車や工作機械分野のメーカーに絞って訪問しました。村田機械への入社を決めた理由の1つは、「動きのある機械の設計に関わりたい」と思ったことです。犬山事業所の見学で、自動倉庫のクレーンや、半導体の搬送設備などがダイナミックに動く現場を間近に見て、自分のイメージにぴったりだと感じました。ぜひ私も、こんな機械を作ってみたいと強く思いましたね。棚橋さんが、村田機械を選んだ理由は何だったんですか?
棚橋
山田さんとは世代が違うけど、ものづくりに魅力を感じていたことは同じだね。「ものを生産する機械」のなかで、とくに搬送設備に関心がありました。村田機械の企業規模であれば、若手が活躍できる場があるのではないか、自分の挑戦したい仕事に取り組めるのではないかと思いました。社会や産業を支える分野で、機械づくりの仕事に携われることも魅力でしたね。
山田
就活中に会った先輩OBの方たちが、自分の仕事について語るとき、実に楽しそうに話をしてくださったんです。その姿が誇らしげで、私も同じように仕事に取り組めたらと感じたことも、決め手になりました。
棚橋
なるほど。私も入社前の印象と変わらず、若手の頃から責任ある仕事を任されてきました。広い視野から発想して、ものづくりの面白さを追究できるから、やりがいも大きいね。

物流拠点や工場の効率化を支える技術

山田
次にL&A事業部のことを少し説明しておきましょう。物流センターや工場、大型倉庫などで行われる、荷物の保管や仕分けなどの作業。その効率化を図るための設備をお客様に提供する部門です。
棚橋
この事業部の技術部門には、現状の受注生産に対応する設計課と、次世代の製品開発をめざす開発課があって、私たち2人は開発課に所属。私は機械チームのリーダーとして、スタッカークレーンや無人搬送車、有軌道台車などの保管・搬送装置に関わる複数の開発プロジェクトを統括しています。
山田
現在私が担当しているのは、スタッカークレーン本体の設計です。スタッカークレーンは自動倉庫などで使用されるもの。レールに沿って上下左右を移動する機械で、荷物を格納したり、取り出したりする機能があります。私の仕事は、クレーン本体の基本構想を練ることに始まって、詳細設計、図面作成、フレームや駆動用モータなど各部品の選定、さらに構造解析なども守備範囲になります。
棚橋
当社が提供する製品をご使用いただいているお客様は、幅広い業種に広がっています。山田さんが話したように物流関連の配送センター、工場、倉庫のほか、半導体の生産現場などでも活用されているんです。自動倉庫の場合、収納する荷物は衣料品や食料品、医薬品、機械部品など多岐にわたります。たとえば、「限られたスペースに、もっと多くの荷物を高密度に保管したい」「入出荷のスピードをさらに向上させてほしい」「重さや大きさの違う荷物を的確に収納できないか」など、お客様のニーズはさまざま。その要望を十分に把握して、最適な自動倉庫システムを提案していくのが私たちの役目です。
山田
今の仕事では、クレーン本体だけでなく、搬送装置や制御系などを含めた技術・知識が必要になってきます。プロジェクト全体の進み具合を見ながら、チーム内や他部門の人たちと情報交換をして、仕事を進めています。思っていた以上に、仕事の幅が広いので、覚えることはたくさんありますが、それが仕事のやりがいにもつながっていますね。

チームの連携がものづくりの原動力

棚橋
ところで、山田さんは入社して6年目。仕事の手応えはどんなところに感じているの?
山田
企画の段階から開発に参加して、設備の開発コンセプトづくり、基本設計、テスト、試作など、機械づくりの全工程に幅広く関われることが魅力ですね。担当している機械が完成するまで面倒をみることができるのは、技術者として大きな喜び。だから、機械づくりには誰よりも愛情を注いでいるつもりです(笑)。就活で先輩たちに話を聞いたとき、イキイキと仕事の話をされていた気持ちが分かり始めました。
棚橋
経験が浅い時期からでも、重要なプロジェクトを若手に任せることは、村田機械の良き社風でしょう。最初は戸惑い、勉強することもたくさんあるだろうし、失敗もある。でも、責任ある仕事を通じて、その人が技術者として成長できることは確かだろうね。
山田
手応えといえば、自分のアイデアを製品にどんどん反映させることも、モチベーションにつながりますね。チーム内はもちろん、関連する他の部門の人たちとも協力しながら、1台の機械を作り上げていく中で、苦労もありますが、チームワークがかみ合ったときは、大きな力になることを実感しています。
棚橋
社内には女性のエンジニアがまだ少ないけど、職場の印象は?
山田
機械設計の部門では少ないですが、システム設計(SE)部門には女性が多いですよね。海外での打合せに女性SEが出張で出かけることもあって、男女に関わりなく、働きやすい環境だと思いますよ。
棚橋
女性技術者には、今後もさらに戦力として大きな期待がかけられていると思います。チームワークが大切な仕事ですから、困ったときは男女に関わりなく、周囲が協力して仕事を進めることは社内に定着していますね。そして、村田機械の強みは、最後まであきらめず、責任感を持って任された仕事を成し遂げること。要望をカタチにできる技術力には、お客様からも評価が高い。それも良い企業風土かな。

自らの成長につながる挑戦を

山田
仕事には責任が伴うので、他人任せにせず、物事の判断を自分でするように心がけています。クレーン開発の担当リーダーが不在のときもあるので、他のチームとの情報交換や進捗の確認なども積極的に図っています。
棚橋
それは大事なことだね。
山田
意識を高めることで、個人で対応できる分野も広がってきました。新しい技術や知識も着実に身について、自分が成長していることを実感できますね。
棚橋
成長という面では、人材の育成は重要な課題。私がチームをまとめていく上で大切にしているのは、第1にコミュニケーションです。互いに率直な意見を出し合い、仕事に向かう意識や方向性を共有していくことが大切になる。チームが一体となることで、プロジェクトを円滑に進められるわけですからね。ただし、その人の個性や適性、力量、また担当している仕事の進み具合などを見計らいながら、仕事を進めています。本人に余裕があれば、実力よりも少し高い目標を設定して、その達成をめざしていく。それが成長につながると思うんですよ。
山田
L&A事業部の場合、先輩社員が一人の新入社員を担当して、育成する制度があります。私も新入社員のときは、先輩に指導してもらいましたが、今は育てる立場です。仕事の進め方や知識などを自分で振り返って、再確認しながら助言しています。棚橋さんが言われたように、どんな話し方や助言をすれば、相手に伝わるかを考えながら取り組んでいます。

チャンスは自分でつかめ!

棚橋
最後に、学生のみなさんに伝えておきたいメッセージは?
山田
村田機械では国内だけではなく、海外での事業展開も進んでいて、スケールの大きな仕事に関われることも魅力。先ほども話しましたが、機械設計は人と人とが協力しながら、1つのものを作り上げていく仕事です。所属チームはもちろん、営業、SE(システムレイアウト設計)、設計、製造、工事、サービスなど他の部門のメンバーとも力を合わせ、市場ニーズに対応した設備をカタチにしていきます。ものづくりに興味がある人には、挑戦するチャンスがたくさんあるはずですよ。
棚橋
そうですね。私はメンバーが有機的に連動して実力を発揮できる環境をつくっていきたいと考えています。目標は、自分で発想して決断できる人材を育てること。とくに開発部門は、1年から1年半程度の期間をかけてじっくりと仕事に取り組めるので、ぜひ力を伸ばしてもらいたい。村田機械は、「挑戦する人には、チャンスを与えてくれる会社」です。ただし、じっと待っていても何も起こらない。取り組みたいテーマがあれば、「私がやります!」と、積極的に自分から意思表示してほしいですね。
※所属・年次は2014年取材当時のものです
ページトップへ