組織横断部門組織横断部門

製造本部製造における全社最適を実現し、
村田機械のモノづくりの原点を支え続ける製造本部

村田機械の5つの事業の特長を活かして、製造の効率化の視点から全体最適を図っていくのが製造本部です。製造本部は、組織横断的に個々の事業部の開発・製造のステップに深く関わり、各事業部のビジネスモデルの違いや個々の課題に対応しながら、5事業部の技術やノウハウを共有化することで、全社最適を実現していきます。

資材
  • サプライヤー戦略・開発(能力調査)・選択、取引契約、価格決定
  • 調達/生産に必要な部品、材料の仕入れ
  • 開発・試作/新製品の材料費の低減(コストダウン活動)
  • 安定的な供給網のQCDマネジメント(SCM)
生産技術
  • 開発・試作/各事業部との共同開発(生産拠点構築、モノづくり革新)
  • 新機種生産準備/量産立上、設備計画・導入、生産ライン設計、自働化
  • FEM(強度解析、流動解析)
  • 加工工程設計、加工プログラム作成
  • 設備保全、インフラ整備・管理
工作
  • 試作/試作部品の加工(開発生産)
  • 生産/量産部品の加工(高難度加工、コア部品加工)
  • モノづくりの工法改革
管理
  • 設計・調達/モノづくり基準の制定(グローバル対応)
  • 調達・生産/調達・生産統合システムの構築

製品の開発段階から深く関わる製造本部の仕事

村田機械のモノづくり力の向上や調達部品の共通化など、製造本部が果たす役割には様々です。村田機械の製造本部は、各事業部の設計・開発段階から深く関わり、生産技術の視点及び資材の視点から様々な提案を生産移行前段階から徹底して行います。

事業部利益への貢献と海外への展開

製造本部は5つの事業部それぞれが持つ強みを全社の共有財産として展開し、各事業部の市場での競争力を高めることが重要な仕事です。生産技術はモノづくりの原点を支える上で最も重要な役割を担います。様々な事業部の技術や工法、生産方法に触れることでモノづくりのノウハウが蓄積され、よりクリエイティブな発想が磨かれます。資材の仕事は、全社的なコスト低減を進めることで何百億円の費用を圧縮するという、まさに企業経営の損益を大きく左右する重大な責務を担っています。また、事業のグローバル化が進む現在、製造本部の社員が海外で活躍する機会も増えています。

ページトップへ