組織横断部門組織横断部門

サポート部門各分野における専門性を最大限に発揮し、事業部をサポート。
muratecの成長を牽引する

業務支援本部

人事グループ

「人」に関する事から会社をより良く発展させていく業務を行うグループ。新卒採用、中途採用など、採用業務を始め、新人社員教育や社員の年次に合わせたスキルアップのための社員教育などを行う。また社員がよりモチベーション高く働くための処遇や体系をルール化する人事制度作りや目標管理、評価制度の設計も行う。その他にも勤怠管理や給与計算など、社員が安心して業務に集中できるようにサポートする。

経理グループ

経営者に近い目線から「お金」に関する管理を行う経理グループ。毎日行われる入出金の取りまとめを始め、期末の決算時期など各事業部からの情報を元に、正確な経営判断が出来るよう、適正な経営成績を経営陣に開示するため財務諸表などの作成を行います。また、近年では会計における為替のリスクヘッジ、国際会計基準への対応など、事業のグローバル化に伴う業務も増えています。

業務グループ

業務グループは、法務業務およびCSR業務を行っています。法務は、契約書の作成や、訴訟等の遂行、債権・債務管理、立法動向への対応を行うとともに、社内における法律相談や法教育に携わります。CSRは、企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility)のことで、企業が社会へ与える責任を持ち、企業をとりまくあらゆるステークホルダー(お客様、投資家、従業員等)への説明責任を果たすため、村田機械全体の事業活動と社会との関わりについて情報発信を行っています。

総務グループ

社員が安全に快適に業務を行うことができるよう、環境作りを行っている総務グループ。社員寮や社宅管理から事務所の設備保全を始め、労働安全衛生管理の役割も担っています。夏祭りに運動会、ソフトボール大会など社内行事の計画・運営も行います。また近年重要性を増しているBCP(Business continuity planning)/事業継続計画の策定、社員への説明も総務グループの役割であり、その業務は多岐に渡ります。

ロジスティクスグループ

製品の海外輸出比率が高い村田機械。その中で、輸出業務を主に行っているのがロジスティクスグループです。貿易実務や国際事務とよばれる仕事で、製品を海外へ輸出する際の通関書類作成や、船便・航空便の手配、輸出先のお客様へ製品を届けるまでに必要な各種書類作成、手配・準備などを行います。また、日本と輸出先国との関税協定に基づいた貿易協定の利用推進窓口の役割も担っています。

広報室

企業情報を新聞等のマスコミや、各種イベント、会社ホームページなどで情報発信、各事業部の広報用ツールの作成などを行っています。また社内に対しても、各種媒体等から得られた情報や各事業部の活動報告を定期的に社内ポータルサイトや社内報発行によってフィードバックしています。そして国内外問わず開催される展示会のアテンドも広報室の重要な仕事です。

知的財産部

村田機械は機械・造船業界の特許資産規模ランキングで、常に上位に名を連ねるほどの利用価値が高い特許技術を数多く保有しています。高度な技術をはじめ企業内のあらゆる特許の申請・認可に携わり、また保有特許の保持継続を行うことで、村田機械の大切な知的財産を守っているのが知的財産部です。

ITソリューション本部

村田機械グループ全体を支える情報システムを企画・運用する部門。日進月歩で進展するIT技術の動向をにらみながら、IT全般の統制を検討・実施し、セキュリティー・ポリシーの強化・促進を推進しています。情報漏洩対策、アクセス管理、運用管理など、企業活動に潜む情報漏洩リスクを未然に防ぎ、村田機械のコンプライアンス遵守に大きな役割を果たしています。

情報通信制御開発本部

村田機械が手がける産業機械や搬送システムでは、信頼性の高い制御技術やICTを活用したソリューションが求められています。全社共通の開発部門として設立された情報通信制御開発本部では、情報機器事業部で蓄積された高度な通信技術と、多様な分野での多彩な製品開発で培われた組み込み技術をベースに、各事業部製品の機能向上を図る応用技術を開発しています。

ページトップへ