muratec5つの事業muratec5つの事業

L&A事業部

海外売上比率32.4%

世の中にあるすべてのモノを動かす
ロジスティクス(戦略的物流)を構築

L&Aとは、ロジスティクス&オートメーションの略です。村田機械は、スピーディーかつ正確にモノを搬送するシステムを提供することで、世の中のあらゆる業界のロジスティクスを構築・提案しています。生産工程や物流の自動化は、お客様の企業経営のあり方を大きく左右するもの。L&Aが提供するロジスティクスシステムは、日本をはじめとした先進国のみならず、労働生産性の向上が急務となっている新興国市場への展開も期待されています。

産業のFA化に大きく貢献

村田機械が国産初の立体自動倉庫を開発したのが1967年。日本の工場管理を革新するという強い決意のもと、自動倉庫システムや工場の無人搬送システムなどを次々と開発し、日本の産業のFA(ファクトリーオートメーション)化に大きく貢献してきました。さらに、現在では、物流センターの仕分けシステムなど流通分野までを含むロジスティクスシステムへと事業範囲を拡大し、モノづくりの現場から消費者の手元にモノが届くまでのトータルソリューションを提供しています。

幅広い分野で活躍するL&Aの搬送システム

モノを効率的に搬送する技術は、生産や物流といった分野に留まるだけのものではありません。その用途は広く、空港貨物や病院内で使用される搬送システム、さらにユニークなところでは納骨堂の自動参拝システムなど、「モノが動くところになら、どこにでも」村田機械の搬送システムが活躍しています。

「Uni-SHUTTLE HP」
最高クラスの入出庫能力保管・搬送・仕分をこなす自動倉庫システム

「ゆびキタスピッキング®」
物流現場ノウハウにスマートグラスを融合作業効率を最大化するハンズフリーシステム

その他の事業

ページトップへ