muratec5つの事業muratec5つの事業

情報機器事業部

海外売上比率29.6%

最新の通信、ネットワーク技術を
駆使したソリューションを提供

村田機械では、高性能なデジタル複合機・ビジネスファクシミリの開発・製造に加えて、複合機と連動するアプリケーションやドキュメント管理ソフトウェアなどのユーティリティー、ネットワーク間をピンポイントでつなぐVPN接続サービスなど、快適なオフィスワークを支える製品やサービスを提供しています。さらに、これまで培った技術力を応用して、産業機器の遠隔監視や車載無線通信デバイスなどの新たなシステムを開発し、今後の拡大市場に対応した新たなソリューション提案を展開しています。

日本初の公衆回線ファクシミリから
デジタル複合機へ

1972年、当時の電電公社(現NTT)がファクシミリ通信への一般公衆回線開放を行うと同時に、当社の「dex180」が型式認可第1号を取得。以来、先進の技術を搭載したファクシミリ製品を世に送り出してきました。さらに現在は、ネットワークインフラの整備が進むオフィス環境に適合した多機能デジタル複合機を主力に、オフィスのペーパーレス化、ドキュメント共有を促進する様々なソリューションを提供しています。情報機器事業部の海外売上比率は30%を越え、「Muratec」ブランドは海外でも高い信頼と評価を得ています。

今後の産業分野のIT化と効率化に貢献

産業機械メーカーである村田機械は、情報機器事業部の持つネットワーク技術を活用して自社の産業機器のIT化に取り組んできました。我々は自社で実績のあるソリューションをお客様に提供しています。物作りが大きく変わろうとしているこれからの時代に、ますます重要視される情報通信技術を産業分野でも安心して使えるのは、産業機器と情報通信の両方を知る村田機械だからこそできることです。今後も情報機器事業部は、遠隔接続、映像通信、クラウド技術などを活用しスマートインダストリーの実現を目指して産業分野の発展に貢献していきます。

「ネットワーク対応デジタル複合機」
オフィスのペーパーレス化ドキュメント共有を促進

「ネットワークソリューション」
無線・ネットワーク技術で産業機械のM2M(Machine to Machine)に貢献

その他の事業

ページトップへ