先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ナガマツ コウジ
永松 康司
2006年入社
工作機械事業部
板金制御設計プレス
専攻:総合理工学部 数理・情報システム学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

私は情報系出身だったため、ソフトウェア会社を中心に就職活動を行っていました。 しかし、就職活動を進める中で同じように情報系出身の学生とディスカッションや面接を重ねる中で、どうもソフトウェアだけでは、規模が大きくなるほど担当分野が限定的になり、会社に埋もれてしまうという感じを受けました。そんな中、村田機械では機械メーカーの中で情報系出身の社員の方が、自分の想定を超えて幅広く活躍していることを、実際に社員の方の話を聞きながら実感することができました。 エンジニアとして歩み始める上で、幅広いスキルを身に付けられる場所という感覚が決め手でした。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

工作機械を使うお客様向けに、部品の加工進捗や機械の稼動状況を管理するシステムを開発しています。 機械や工場内の機器をネットワークで繋ぎ、工場全体として高い生産性を維持していただけるよう、お客様の要望のヒアリング、開発、サポートまでを手がける幅の広い仕事です。最新の技術を取り込みながら、常に競合よりも早く新しい製品をリリースし、お客様のフィードバックを受けながら差別化できる製品やサービスを意識して開発するように心がけています。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

仕様通りに高品質なソフトを作れることだけだが良いエンジニアではありませんでした。お客様毎に課題は異なりますし、ソフトが良いだけでは、良いソリューションとは言えません。たくさんの答えの中から、最適な組み合わせを決断し、それを作り上げるチーム力を備えることもエンジニアとして重要な技術だと感じています。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

生産管理システムの仕事は業務範囲が広く、営業から要請のあったお客様への製品デモから始まり、業務分析、設計、開発、テスト、納品、アフターサポートを行います。設計に入るまでに、お客様と綿密に打合せを行い、現在お使いのシステムや業務の流れと課題を共有します。その上で、新しいシステムを開発、納品しお客様からのフィードバックを受けながら改善し、リリースしていきます。お客様の生産をお支えする重要なシステムになっており、これが止まるとお客様の生産が止まるというプレッシャーがありますが、リリースする頃にはお客様の担当者だけでなく、様々な部署の方に信頼されている実感を得ることができます。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

ソフトウェアの開発者という枠にとらわれず、お客様の声、業界のトレンド、最新技術、を組み合わせ、お客様にビジネスパートナーとして付き合いたいと思っていただける新しい製品やサービスを、他社に先駆けて提供できるチームを作りたいと考えています。工作機械の提供にとどまらず、工場全体のことを継続的に考えてくれるソフトのメーカでもあるというブランディングを確立していきたいです。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

学校で学んだ専門分野で業種を限定せずに、いろいろな会社を見て自分が会社に求めるものを整理してください。 第一志望以外の業種の会社の説明を聞くだけでも、新しい価値観が得られますし、何よりもその会社に応募する学生の考え方も違うので、それがよい刺激になります。 私は、地方から都市圏に出向いて就職活動を行っていましたので、空いたスケジュールの時間帯に開催される近くの会社の説明会を聞いてみたりしました。がんばってください!

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ