先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ニシダ タツヒコ
西田 達彦
2002年入社
研究開発本部
技術開発センター・京都
専攻:基礎工学部 システム科学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

大学の研究室でロボットの研究をしていたので、ロボットを開発する仕事をしたいと思い、ロボット技術の研究開発を行っている企業を探していたところ、当時の就職担当教授に村田機械を勧められたのが、村田機械を知るきっかけでした。 自分が望むような開発に会社が取り組んでいたことや、実際に会社見学に来たときの社内の雰囲気や社員の人柄に魅力を感じて、入社を決めました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

現在は、炭素繊維を巻く装置(フィラメントワインディング装置と言います)の開発に携わっています。スポーツ業界や自動車業界などで炭素繊維を用いた製品が非常に多く使われるようになりましたが、我々が開発しているフィラメントワインディング装置で製造することで生産時間の大幅削減と機能向上が可能になります。世の中にない新しい考え方の装置であるため、装置の開発以外にもプレゼンやサンプル受注などに対応しながら、その魅力を様々な業界に発信しています。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

研究開発部門というと、静かな職場で各自が黙々と自分のテーマに取り組んでいるものかと思っていました。 実際に配属されてみると、常に電話や打ち合わせでお互いにコミュニケーションをとり、何かあればすぐに現場に駆けつける、アクティブな職場であることに驚きました。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

開発の途中や不具合発生時などにはなかなかやりがいを感じる余裕はありません。ただ、自分で苦労して開発した装置というのは自分の子供のようなもので、装置が生産・出荷され、客先で大きなトラブルもなく順調に稼働していると聞いたときには、よかったなあとしみじみと思います。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

今取り組んでいるテーマは、今後拡大していく新規市場を狙って開発を進めています。市場は世界規模になるので、世界中のお客様の要望に応え、そして認められる装置を開発していきたいと思います。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

周囲の人の考えに振り回されず、自分が何を求めているのかをよく考えて会社選びをしてください。自分が本当に求めているものがその会社にあれば、面接にも自信を持って挑めると思います。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ