先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ハマモト ノリフミ
浜本 憲史
2006年入社
L&A事業部
建築設計課
専攻:工学部 建築学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

大学では建築学を専攻しており、当時は建物関係の仕事に就きたいと考え、ゼネコンや設計事務所をターゲットとして就活をしていました。そのような折、運命かもしれませんが、OBの方よりたまたまお声をかけて頂き、機械メーカーである村田機械の存在を知りました。建築と機械では職種が違うだろうなと思いこんでいましたが、仕事内容をいろいろ伺っていると、村田機械(株)一級建築士事務所でもあり、建物の設計を行っていることを知りました。一般的に設計事務所はマンションなどの設計の一部に携わることが多いですが、村田機械では、1つのプロジェクトにプレゼンの段階から引き渡しまで携わることができることに大変魅力を感じました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

あまり知られてはいませんが自動倉庫と言う物流業界にはなくてはならないハイテク倉庫の設計業務を行っています。具体的には、お客様より依頼を請け、一級建築士事務所としての確認業務から現場監理の他、お客様のニーズにお応えする為の制振・免震の開発業務に携わっています。設計面では、自分の設計図が実物としてできあがることの面白さや自分で設計した建物が、微力でも物流業界の一端を役立っていると思うと喜びを感じます。開発業務では、「ラックメーカーしかできない地震対策は何か」をいろいろ試行錯誤し、各セクションの方々と協力し、村田機械オリジナルの商品が生まれた時は、すごく喜びを感じました。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

一般的な設計事務所は、意匠設計・構造設計・設備設計は分業しており、入社前はそういったものだと思っていました。しかし実際入社し物件に携わる中で、基本的には全てを物件担当者が設計するため、幅広い建築に対する知識が必要であることを入社してすぐ感じました。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

お客様が求めている時代のニーズを把握し、チームプレイでニーズに見合った村田機械オリジナル商品をリリースすることで、御客様に、「御社に仕事を依頼して良かった」とありがたいお言葉を頂けた時は、やりがいを感じました。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

お客様の要望に応じた最適な自動倉庫の追求はもちろんのこと、建築に携わる者として、先の大震災での経験より、あらゆる災害においても物資の流通をストップさせない「BCP型物流システム」の構築に挑戦していきたい。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

就職活動では、企業の名前などと言った上辺の情報だけで自分には合わないと思い込むのではなく、まずは幅広く就職活動をされた方が良いかと思います。たくさんの情報を収集し、その中で自分がその会社にやりがいを見いだせるかじっくり考え、最後は自分のそれまでに経験してきた直感を信じ行動すれば道は開けます。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ