先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
フクタ タケル
福田 建
2013年入社
製造本部
生産技術部・犬山生産技術課
専攻:電子情報システム工学

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

私の就職活動は、「ものづくり」をしたい、という漠然とした気持ちでスタートしました。就職活動を進めるうちに、長い間同じような仕事をしていては、新鮮さが失われていくので、常に新しいことにチャレンジできる、多彩な分野の仕事が出来る会社に入りたいと思うようになりました。「ものづくり」が出来る、多彩な分野の仕事が出来るという2つの観点から就職活動を進めていると村田機械の募集に出会いました。村田機械は分野の大きく違う5つの事業部があり、それぞれの事業部ごとの「ものづくり」の特色を広く深く学べる会社だと感じ、志望しました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

生産技術部内の組立準備グループ、工作機械チームに所属しています。新機種の立ち上げ時に、組立順序や調整方法を検討し、必要な道具を準備します。組み立てる前に作業しにくい作業を見つけ改善することで、組立時間の短縮も行っています。また製品の品質をより良く、簡単に、素早く組み立てれるように日々改善活動を行っています。工作機械の多様な機構に関する知識から、機械を構成する部品一つ一つの加工方法、組立方法などの幅広い分野の知識が必要で多くのことが学べる仕事です。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

入社前は、デスクワーク中心の仕事になるのではないかと考えていましたが、実際に仕事をすると、組立現場から学ぶことも多く、組立現場に行かない日は無いぐらいです。机に座っているだけではわからない、組立作業者の生の声が参考になることがわかりました。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

今までに見たことの無い機構を、どうやって効率よく組み立てていくのか、組立工程を考える時に、特にやりがいを感じます。効率の良い組み立て方を思いついて、「簡単に組み立てれた」と現場作業者の方に言われたときの達成感はひとしおです。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

今までは組立の手前での改善活動、が主な活動でしたが、より上流の設計段階から組立改善を行って行きたいと考えています。道具を準備しなければ組み立てられないような機構を、設計段階からなくすことで、改善して組立時間の短縮に繋げたいです。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

自分のやりたいことがはっきりとしていない方のほうが多いと思います。そういう時は視野を広げ、さまざまな企業を見ることで、こんなことがしてみたいという思いが生まれてくると思います。最後に選択するのは自分なので、後悔しないよう最後までさまざまな道を模索してください。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ