先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ミウラ タカヒロ
三浦 崇寛
2012年入社
研究開発本部
技術開発センター メカチーム
専攻:工学部 機械航空工学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

在学中に村田機械と共同研究をする機会があり、そこでお会いした方々の雰囲気がとても良かったことが印象に残っています。私は会社の雰囲気(そこで働いている人たちの人柄)をポイントに会社を探していました。ただ、普通に就職活動をしても、本当のその会社の雰囲気はなかなか感じ取れないものですし、感じ取れたとしても「取り繕ってるんじゃないか?」と疑いたくなるものです。その点、在学中に社員の方と一緒に仕事(研究)をすることで雰囲気を感じ取ることができ、"この人達がいるような会社なら"と思ったことが決め手でした。なお、その時に一緒に研究をした人たちが今の上司や先輩となり一緒に仕事をしています。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

繊維機械事業部で開発しているオートワインダーいう名前の糸を巻き上げる機械の次世代機の一部を開発しています。この機械では糸に安定してテンション(張力)をかけ続ける必要がありますが、構造上どうしてもテンションの変動が生じてしまいます。さらに糸に常に接触するために部品にすぐ摩耗が生じることになります。このテンション付与機構の開発はもともと他のチームで行っていましたが、どうしても解決できないという事で私の所属するチームに話が回ってきた経緯があります。確かに非常に難易度の高い開発案件ですが、誰も成し遂げてない、誰も出来なかったという事が逆に”やってやろうじゃん”という気持ちになり、それが面白くもあります。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

会社と言えば上下の隔たりが大きく、なかなか上の立場の人との接点も少ないものかというイメージを持っていました。しかし、実際に入社してみると課長や部長や役員ですら様々な場面で一緒になる機会があります。風通しの良い雰囲気があるという話を聞いていましたが、予想以上の風通しの良さです。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

装置を開発するにはまず課題とする内容の原理を把握する必要があります。原理が理解できていない段階では自分が霧の中にいるように感じますが、ふとした瞬間に閃く事があります。その閃きを土台に試行錯誤を重ねていき、重ねる毎に装置が洗練されていくのを見ると、課題を克服できたと感じられます。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

今までの業務は機械関係の開発がメインで、制御やソフトや電気といった他分野はほとんど携われていませんでした。今後は他分野も含めた開発案件を進められるようになりたいと考えてます。他分野に関する知識を併せ持つことで今よりも広い視点を持つことが出来ればと思います。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

"自分は何が出来るか"という事を明確に説明できることが重要だと思います。"何々をした事がある"や"何々を学んだ"といった経験は誰しもが持っているもので、それ単体では武器になり難いものです。もちろん経験自体も重要ですが、それらを通じて最終的に得た技能や意識がその人の働く上での武器となります。自分の武器が何なのかを知っていればそれに合った仕事や会社を選ぶことが出来ますし、足りない武器を自覚することが自身の今後の成長にもつながります。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ