先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
モリタ サトシ
守田 哲士
2008年入社
L&A事業部
技術部制御開発課
専攻:理工学部 ロボティクス学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

大学時代にロボットサークルに所属していたこともありロボットを作ることを仕事にしたいという思いで就職活動をしていました。また、サークル活動の一環でロボットコンテストのロボット製作に取り組んでいた時、大きな挑戦をするときは仲間と協力することが重要であることを強く感じていたため、会社紹介や工場見学で実際の職場を見させてもらったり社員の方の話を聞く中でこの人たちと一緒に大きなことを成し遂げたいと感じ村田機械を選びました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

自動倉庫の搬送装置に搭載される基板の開発を行っています。一口に基板といっても搬送装置を構成する機能は多岐にわたり、CPU基板など搬送装置の基本動作に必要な基板をはじめ、搬送装置走行時に警告音を出すためのアンプ基板、装置内の配線が困難な場所に電力を供給するための小型蓄電基板など、様々な用途の基板の開発を行っています。そのため電気回路だけでなく幅広い知識が求められ日々新しいことを習得できる面白さがあります。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

入社前に見た職場の雰囲気や面談した社員の印象では変わった面白い人が多いイメージでしたが、入社してみるとやっぱり変わった人たちばかりで最初にお会いした人達は氷山の一角に過ぎませんでした。 外から見ると今では自分もそうなんだろうなと思います。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

試作品の評価試験を行う中で最初は評価基準をクリアできなかったり誤動作することがありましたが、要因分析し、原因を突き止め、対策を考えて改善できた時に、自分の技術として確実に身についている実感があり、やりがいを感じました。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

これまで経験してきた様々な分野の技術に対してより専門的な知識や技術を身につけ、組み合わせることで、これまでの経験をしてきた自分にしか思いつかないような新しい価値を持った製品開発に挑戦していきたいです。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

社会人になってから思うのは、学生時代にもっと勉強しておけば良かったということです。やりたいことが分からず何を勉強したらいいか分からないという人もいると思いますが、今自分が好きなことでも遊びでもなんでもいいのでひとつ極めるくらいになっていると後々他の分野の勉強が必要になった時にも経験が役に立ちますし自分らしさのアピールもしやすいと思います。振り切れた特技や知識を持った変わった人が入社してくれることを期待しています。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ