先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ヤマサキ ケイ
山﨑 啓
2006年入社
クリーンFA事業部
開発部
専攻:工学研究科 機械システム工学

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

機械メーカー、特に産業機械メーカーに興味を持って就職活動を始めたばかりの頃、大学の就職セミナーがあり参加しました。会場に入って見回したところ、たまたま空いていたブースに行ったら、そこが村田機械のブースでした。産業機械のメーカーであったこともそうですが、説明してくれた人が本当に楽しそうに仕事の話をしており、とてもいい印象だったので興味を持ちました。他の産業機械メーカーも数社見ましたが、村田機械が一番楽しそうに話をしていたので、それが決め手になりました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

現在はSRC350(半導体工場内の自動搬送システム)の改善・開発を主に担当しています。半導体の元となるシリコンウェハーの入った『FOUP』と呼ばれるケースを運ぶ装置で、工場全体の天井に吊られた専用のレールを生産装置から次の工程の生産装置へ走ります。標準機で対応できないようなレイアウトの工場に納入する場合に、それに対応した機械の設計を行います。機械・電気・ソフトそれぞれの設計方針を決め、製造部門と打ち合わせてスケジュールを決めて設計を進めていきます。難しい変更を短い納期で要求されると非常に忙しくなり、各部門間の連携が非常に重要になりますが、反面やりがいもあります。そうして設計した機械がお客様の工場で動いているのを見た時には、非常に嬉しく感じます。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

設計=CADと思っていたが、実際には実験場に入って試作品の評価をしたり、新機種の取説やメンテナンスマニュアルを作ったり、他部門とスケジュールの調整をしたり、進捗会議の資料を作ったりと、CADを使わない仕事が意外と多かった。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

難しい要求でしたが、不可能ではないとの信念を持って設計に取り組みました。行き詰った時にチームメンバーで相談して解決方法を見出したときには、チームの結束の力を実感でき、自分の担当範囲に対する責任を果たそうと強く思いました。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

機械設計のチームリーダーとして、チームメンバーを引っ張りながら、設計方針を決めるような立場での仕事に挑戦したいと思います。メンバーのモチベーションの維持や仕事の配分、スケジュールなどを考慮しながらも、客先からの要望の上を行く付加価値を持った製品を作り上げたいと思っています。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

就職してから、自分のやりたい仕事ができない、人間関係が上手くいかない、想像以上にしんどい、などということがないように、自分の働くイメージに合致する企業を見つけることが大切だと思います。そのために、会社の規模や知名度などにこだわらず、まずは多くの企業を見て、実際に働いている人と話をしてみることをお勧めします。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ