先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ワタナベ ヒロユキ
渡邉 拓之
2011年入社
繊維機械事業部
紡機開発
専攻:工学部 人間・機械工学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

高専時代、関西に本社があるからという理由でインターンシップ先として選択したのですが、お世話になった社員の方々の優しさと職場の居心地の良さ、そして世界トップシェアを誇る高い技術力に魅力を感じました。大学に編入学した後、いざ就職活動する際、あのとき感じた魅力を思い出し、入社を決意しました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

自動ワインダーと呼ばれる繊維機械の開発を通して、流体解析を用いた機構設計や高速度カメラによる挙動確認、新たな評価技術の確立など、多岐に渡る業務に取り組んでいます。ベテラン社員の多い部署にいるので、業務上のノウハウを色々と教えて頂くことができ、また、話の内容も同年代とは違っていて、新鮮な環境の中、仕事をしています。そういった年代の異なる方々と一緒に、一つの製品を作り上げていくことに楽しさを感じます。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

入社前は、会社は上下関係が厳しいものだと思っていましたが、村田機械に入社して、社内では年齢に関わらず、対等な人間関係を築けることを知りました。もちろん、先輩・後輩、上司・部下といった上下関係はありますが、誰もが同じ目的を持った「仲間」であり、技術的な会話の中では対等に意見を伝えることができます。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

開発という職種上、新しい技術を学ぶ機会が多く、ベテラン社員が持っていない知識、特に流体解析はプロジェクトでは私だけが使えるので、そういった技術を用いて業務に貢献できたときにやりがいを感じます。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

機械系技術者という枠を越えて活躍するために、プログラミングを習得したいと思っています。自分で製作した装置の制御を自分でこなすことで業務の効率化を図り、また、普段とは違う目線で仕事をすることで新しい発見が得られると思います。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

出来るだけたくさんの会社を訪問してください。説明会や就職サイトで得られる情報だけでは、働きやすさや楽しさは伝わってきません。会社を訪問し、実際に社員の方々と話し、表情を見て、職場の様子を肌で感じ取ることが大切だと思います。そうすることで、自分に合った居心地の良い会社がきっと見つかります。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ