先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
オオサワ イオリ
大澤 伊織
2009年入社
繊維機械事業部
MS技術
専攻:理工学部 機械工学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

①任される仕事の範囲が広い②チャンスを与えてもらえる環境③風通しが良い主にこの3点を軸に会社選びをしていました。これらは私が見てきた多くの企業で同じようなアピールされていて、甲乙つけ難かったです。その中で、村田機械は選考途中で多くの社員の方に会う機会があり、そこでモノ作りにかける熱い思いを楽しそうに話している姿や、先輩、後輩で分け隔てなくお話されていて、人間関係の良さなどを肌で感じることができました。転職をしない限り40年近く同じ会社で働くことになるわけなので、働くイメージがつきやかった村田機械を最終的に選びました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

ボルテックス精紡機、いわゆる「糸を作る機械」の周辺装置である自動機開発に携わっています。自動機は、人の代わりを努めるもので、高効率、正確性、扱いやすさなどが求められます。開発は、いろいろなアイデアを挙げ、それを揉んだ上でカタチにしていくのですが、ピタッとイメージ通り(設計通り)にいかないことが少なくありません。そこで何が足りないのか?こうしたらいいのでは?とさらにアイデアを出し、再度カタチにして検証、というサイクルを回すことで理想に近づけていきます。イメージ通りいかないことはつらいことでもありますが、その分完成した時の達成感は何事にも変えられない喜びを得られます。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

職場(チーム)にはいろいろな考えを持った人がいて、仕事の取り組み方、スタイルなどバラバラです。しかしながらチームとしては一つの方向に向かってきちんと進んでいる。組織というのはこういうものなんだなというのを感じました。また私は、配属先が選考時にお会いしていた先輩と同じ事業部だったこともあり、ギャップを感じることはあまりありませんでした。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

お客様(繊維では主に海外)のもとに行き、自分で設計した機械の評価を行うこともあります。実験室だけではお客様の顔が見えなかったのですが、現場に出てお客様や現地スタッフの方の反応(もちろん良い方)を頂き、これまでやってきたことが正しかったという達成感を得らることが今の仕事の一つのやりがいでもあります。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

糸作りに直接携わる仕事に挑戦したいと考えています。ボルテックス精紡機はまだまだ可能性を秘めた機械なので、その分多くのチャンスがあると考えています。そのためには紡績の勉強をしていきたいです。世の中の糸がボルテックス糸に置き換わる手助けをしたいです。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

高校や大学でこれまでに専攻されてきたことだけではなく、幅広い視点から自分が本当にしたいことは何なのかをこの就職活動の時期を利用して考えたほうがいいと思います。様々な可能性があると思うので、自分の興味の持った会社の説明会など積極的に参加し、そこの社員の方とお会いして話をされることで自分が将来働いているイメージをしてください。イメージがつきやすい会社があっている会社だと思います。 その会社が「村田機械」だったらいいですね。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ