先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
オカザキ ヨウヘイ
岡﨑 陽平
2008年入社
繊維機械事業部
MS技術
専攻:理工学研究科 創造理工学

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

①社員の雰囲気が良いこと、②任される仕事の範囲が広いこと、③京都本社の会社で働けること(滋賀県出身であり、単純に隣町の京都に憧れがあったため)上記3点を軸に就職活動をおこなっており、村田機械については大学の先輩が入社していたため就職活動前から名前程度は知っていました。村田機械に入社を決めた最終的な決め手は会社説明会で自動ワインダーを見た事でした。当時の私は、特にやりたい事もなく(推薦も取ろうとしなかったため教授に怒られながら)就職活動をしていましたが、自動ワインダーを見た瞬間に漠然と「この機械に携わる仕事がしたい」と思い、村田機械に入社したいと考えるようになりました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

ボルテックス精紡機という機種で主に紡績部周辺の設計に携わっています。ボルテックス精紡機は空気の力で糸を紡績する機械であり、村田機械が世界に先駆けて開発した新しい紡績方法です。紡績機械の開発は、いわゆる機構設計に加えて「糸(繊維)と空気」という振る舞いがなかなか想像できないものを扱う仕事です。流体解析などのシミュレーションにより立てた仮説をもとに設計した装置の検証をおこなう際には、「糸と空気」を扱う仕事ならではの楽しさを感じることができます。また、詳細は記載できませんが、現在は極秘の開発プロジェクトにも携わっています。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

現在所属している繊維機械事業部においては「社員の雰囲気が良いこと」、「任される仕事の範囲が広いこと」についてはほぼイメージ通りでした。寮や社宅などの福利厚生については、想像していたよりもしっかりとしていることが良い意味でイメージと異なりました。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

紡績部の改善において、自分がシミュレーション等により立てた仮説を検証し想定通りの結果が得られた時には、紡績機械の設計者としてやりがいを感じます。また、最終的にお客様先で糸品質の向上に貢献できたと現地からのフィードバックがあった際には、更に大きなやりがいを感じます。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

これまでのお客様の常識や価値観を変えるような開発に携わっていきたいです。具体的には記載できませんが、現在携わっている開発が成功すれば、5年後あるいは10年後には紡績機械の新しい世界が実現できると信じています。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

何ができるかより何をしたいかを大事にしてください。就職活動は今後の人生を左右する大きなイベントです。誰にどんなアドバイスを貰ってもなかなか悩みは尽きないと思いますが、私の場合は上記のように考えることで思考をシンプルにすることができました。また、何をしたいかが具体的になると、面接でもブレずに話をすることができるようになると思います。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ