先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ハラダ ダイスケ
原田 大輔
2008年入社
クリーンFA事業部
技術部技術1課
専攻:システム工学部システム工学研究科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

最初は玩具メーカーのみで就職活動を進めていましたが、結果は惨敗でした。他の業種も見てみなければと思い、産業機械メーカーで工場見学をしたときに、自動で動く機械を見て、こんな機械を作ってみたいと思うようになりました。機械メーカーを調べているうちに、さまざまなメーカーがあることを知りました。中でも一部だけでなく、工場全体のオートメーション化をすすめる自動搬送に一番興味を持ち、このことが会社を選ぶ決め手になりました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

半導体工場はオートメーションで、FOUPと呼ばれる搬送物を自走式台車で運んでいます。このFOUPを半導体製造装置の前で保管する装置の開発設計を行っています。装置の前に据付を行うために、自社以外の装置メーカーとの連絡を取って、どのように設置するかを決める必要があり、ここが、自社だけにとらわれず、多くの人と関わりながら進めていかなければならない部分ですが、やりがいがあります。また、開発製品ということもあり、自分の設計思想などを取り入れた製品が出来上がっていくことが、仕事の実感を味わえます。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

機械設計をやりたくて入社しました。機械設計といえば、ひとりで図面を描いているだけの仕事のイメージをもっていましたが、実際配属されるとそんなことはなく、多くの人とかかわらないと設計が成り立たないことがよく分かりました。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

機械設計ということもあり、自分で図面を描いた機械ができあがった時が一番やりがいを感じるときです。思い通りにいかないことの方が多いですが、苦労して乗り越えたときに出来上がったものを見て、やっててよかったと実感できます。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

実際にお客様のところにいって、何が要求されているのか、必要なものは何かを感じることができ、その内容を開発・設計業務に活かして、求められている製品を作っていけるような仕事をしていきたいと思っています。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

最初、ただ漠然とおもちゃを作りたいという思いで就職活動をしていましたが、他の業種に目を向けることで、現在の仕事をしたいと思うようになりました。自分が何をしたいのか、定まってない人は、いろいろな業種にいってみて、自分に合いそうだなと思ったものを選択していくといいと思います。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ