先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
スズキ ナオト
鈴木 直人
2014年入社
クリーンFA事業部
ソフトウェア技術部設計
専攻:工学研究科 計算理工学

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

就職活動では、専攻が情報系であったこともあり、はじめはIT企業ばかりを調べていました。あるとき、選択肢をもっと広めようと思い、様々な業界を調べるようになりました。その中で、機械を動かすことにとても興味を持つようになり、工作機械や輸送機器関連の企業も調べるようになりました。この会社を選ぶきっかけとなったのは、人のよさを感じたことでした。説明会やその中で行われた実機見学・懇談会などを通して、社内の風通しが良いことを教えてもらったり、社員の方々の雰囲気のよさを感じたりしたのがきっかけです。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

CPUやICといった半導体製品の製造プロセスで使用される、コンベアの組み込みソフトの設計を行っています。レビューを行いながら仕様を決定したり、プログラミングや動作の検証も行っています。 担当しているコンベアは、ユニットごとにCPUがあり、全体を司るソフトや他の装置との通信や、エラーの対策を行うプログラムが動いています。単に速く運べばよいというわけではなく、事故が起こらないように安全に運ばなければいけないため、「どうすればよいか」を考えるのが面白さだと思います。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

入社前に教えられていた社内の風通しの良さは、まさに言葉通りだと感じます。チームミーティングなどを通じて、積極的に情報共有を行ったり、「やりたい」と言ったら挑戦させてもらえたりと、雰囲気の良い職場だと感じています。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

「こういう機能がほしい」という要求から、自分で仕様を考えて、プログラムを書き、実際に動作を確認するところまで、一貫して自分でできるところにやりがいを感じています。1からプログラムを書くのではなく、もともとあるプログラムに機能を追加するので、自分では分からない部分も多いです。それでも、チームの方の助けを借りながら、思った通りの動作をさせることができると、面白いと感じます。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

エラーで機械が止まってしまうと、人手での操作が必要になるなど、復旧するのに手間がかかります。エラーが発生した際に自動で復旧する仕組みが一部あるのですが、そうした仕組みをもっと拡大していきたいと考えています。また、ソフト的な要因のエラーについては、発生回数を0に近づけられるように、プログラムの要素1つ1つの見直しをしてみたいと思っています。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

どんな企業があるか調べるときに、視野を広げてみてほしいと思います。星の数ほどある企業を、1つ1つ見ていくのはさすがに現実的ではありませんが、今考えている業界以外にもちょっと企業を覗いてみると、面白いと感じる場所があるかもしれません。自分が活躍できる場所の可能性を広げる、よい機会になると思います。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ