先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
スズキ タカユキ
鈴木 貴之
2014年入社
ITSOL本部
情報システム部
専攻:テクノロジー・マネジメント研究科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

会社選びの軸は、3点ありました。「1点目は活躍出来るフィールドが幅広い」「2点目はグローバルに展開している」「3点目は関西で働く事が出来る」でした。 村田機械は、1つの事業に注力するのではなく、繊維機械・ロジスティックス・クリーンFA・工作機械・情報機器といった幅広い事業を展開しているため、活躍出来るフィールドが多く、また、海外での売上比率が高いため、海外を舞台に働くことが出来ると感じました。 それらに加えて、5つの事業を行っている点を活かして、異なる分野の技術を組み合わせて新しい価値を創出している点や若いうちから仕事を任せて貰えるといった点にも魅力を感じました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

最近、IoT(モノのインターネット)が注目されています。工場の生産性向上やリードタイム短縮等の効果が期待されています。村田機械でも全社的にIoTを導入しようとしています。そこで、私は業務設計を行っています。 工場の生産性向上やリードタイム短縮には、現在の業務のどの部分を変更する必要があるのか。どのようなシステムを導入する必要があるのか。また、システムを導入することにより、業務がどのように変わるのかを設計しています。 私自身が、実際に工場で働いているわけではないため、働いている人をイメージしながら考えていくことが重要になってきます。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

社内のシステム部門のため、デスクワークが多いイメージでした。しかし、先輩社員を見ていると、他部署の人と打ち合わせを行ったり、出張で海外に行ったりと、一日中ずっとデスクワークを行っているわけではありませんでした。 会社としては、参加自由のソフトボール大会や夏祭り・運動会があったため、驚きました。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

学生時代、システム開発の経験はありましたが、機械等の目に見えるモノの開発は初めての経験でした。そのため、自分たちでゼロから設計したものが少しずつ形となって、動いた時はとても感動しました。「モノづくり」の大変さ・やりがいをすごく実感できた瞬間でした。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

学生時代、ドイツに1年間留学していたため、海外で働くことに興味があります。留学中に身につけた語学力や異文化理解を活かしたいです。そのために、まずは、システムの開発や維持の数をこなして、技術者として経験を積んでいきたいです。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

まずはしっかりと自己分析と企業分析を行うことが大事だと思います。また自分の持っている雰囲気と会社が持っている雰囲気、面接官との相性も凄く重要だと思いました。たとえ優秀な学生でも会社の雰囲気と合っていなければ落とされると思います。なので面接に落ちた場合は、この会社とは合わなかったと思い、気持ちを切り替えて就職活動するといいと思います。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ