先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
デンダ ユウキ
傳田 遊亀
2008年入社
研究開発本部
技術開発センター・京都
専攻:理工学研究科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

就職活動を始めた当初は、5つの異なる分野に渡って広く事業を展開し、世界でトップシェアの製品やユニークな技術力を持っている、という事で村田機械に興味を持ちました。しかし、最終的に入社を決めた理由は、村田機械の『人』と『社風』に惹かれたからです。会社見学等で会った多くの社員が、皆一様に自分の仕事に熱意を持って生き生きと取り組んでいるのが伝わってきました。さらに、若手でもどんどん仕事を任せてもらえるという社風に魅力を感じ、自分も情熱を持って仕事がしてみたい!と入社を決意しました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

当社の従来の5つの事業分野とは全く異なるお掃除ロボットの開発に携わっています。お掃除ロボットといっても、家庭用の小さなモノではなく、駅のコンコースやショッピングモールなどで稼動する業務用の大きな掃除機です。開発の中で具体的には、ロボットがセンサを使って自分が掃除空間のどこにいるか、自動的に位置を認識する自己位置認識という技術の研究開発をしています。これは、ショッピングモールなどの広い空間を効率よくキレイに掃除するために、人の掃除ノウハウをロボット自身が人工知能的に学習する必要があるためです。上記の自己位置認識もその中の重要な要素技術の1つです。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

「どんどん仕事を任せてもらえる」ということは、それだけ「責任」が伴ってくるわけです。入社前にも頭ではそのことが分かっていたつもりでも、やはり実際に体感できるのは入社後になるので、そのあたりギャップというわけではないですが、そういった実感を強く感じました。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

自分が考えたアルゴリズムやソフトウェアが、実際に形ある機械で思った通りに動作した時,そしれそれがお客様に喜んでいただける,お客様の価値に繋がっていった時の嬉しさは格別です。これは実際にモノづくりをしている会社ならでは大きなメリットの1つではないでしょうか。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

今までは音響センサ(マイク)、距離センサ、振動センサなどの信号処理の研究開発に取り組んできました。しかし、ロボットが色々な空間を自律的に動くためには,さらに多くの情報が必要です.信号処理の技術を、例えば画像センサや超音波センサなどの他の分野に応用し,ロボットの知能化をはじめ,新しい技術・製品の開発にチャレンジしていきたいと考えています。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

「働くことにあたって何を一番重視するか」『仕事を通してどんな自分になりたいか、実現していきたいか』を考えてみる事が大事だと思っています。 企業を選ぶ視点は、知名度、業界、職種、福利厚生、など、色々あると思いますが、自分の価値観をクリアにするとともに、就職説明会などでは、積極的に社員に質問し、色々な人と話をしてみて下さい。そうして得た情報を元に視野を広げていけば、知名度や規模だけに囚われず、自分に合う会社の方向が分かるのではと思います。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ