先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
タカタ マサル
髙田 大
2009年入社
情報通信制御開発本部
システム開発グループ
専攻:自然科学研究科 電子情報工学

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

初めは地元の京都の会社であるということで興味を持ったというのがきっかけですが、入社の一番の決め手となったのは、面接や会社見学の際に感じた雰囲気の良さです。会社見学で自分とあまり年の変わらない社員と話す機会があったときに、自分の仕事に自信を持って、生き生きと取り組んでいるのが感じられました。また、規模の大きな会社とは異なり、若いうちからどんどん仕事を任せてもらえるといった話を聞き、そこに魅力を感じました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

通信機器のソフトウェア開発を行っています。通信技術の発達により、これまで通信が重要視されていなかった分野でも通信技術が注目されるようになってきています。そのため、一言で通信機器といっても求められる機能は多種多様で、製品ごとに必要な技術も変わってきます。現在は映像を利用した産業機器の状態監視システムの開発を行っているため、通信技術とは別に画像に関する技術にも挑戦しています。新しい技術を学べるチャンスが多いのが私の仕事の面白いところです。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

ソフトウェア開発と言えば、パソコンの前で黙々と開発をしているといったインドアな印象を持っていましたが、実際には、現場に出向いて動作環境を確認したり、屋外での通信実験を行ったりすることも多く、アウトドアな職場でした。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

新しい技術へ挑戦する機会が多く、自分が先駆者になれるチャンスが多いです。時には中々うまくいかずに不安になることもありますが、その分達成できた時の喜びは大きいですし、先輩・後輩問わずに頼りにしてもらえる技術を持てると自信にもなります。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

これまで通信が重要視されていなかった分野のお客様では、新しい通信技術に興味は持って頂けても導入するまでには至らないというような状況があります。そのようなお客様の心をしっかりと掴めるような製品の開発・提案をしていきたいです。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

私がそうだったのですが、就職活動と言うと始めは緊張してしまうと思います。ただ今から思うと、会社や工場の中を見学することができる機会というのは今後の人生の中でも貴重な経験になると思いますので、まずは気軽に色々な会社を見て回ってみると良いかと思います。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ