先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ヤマモト マサシ
山本 将司
2014年入社
情報通信制御開発本部
システム開発グループ
専攻:情報科学研究科 情報数理学

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

私は情報系出身でしたが、モノづくりに漠然とした興味があったため、製造業を中心に就職活動を進めていました。 そんな時に研究室に来ていた求人票の中でこの会社に出会い、工作機械や搬送台車、複合機など幅広い分野の製品を手掛けている点が非常に興味深いと感じ、応募したのが始まりでした。説明会などで情報系出身の社員の方からお話を聞いているうちに、これらの幅広い製品の開発を通して、情報系の分野に限らず様々な分野のスキルアップをすることができ、技術者として大きく成長できそうだと感じたのが入社の一番の決め手になったと思っています。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

現在私は、工場などの様々な機械の制御に使用されるPLCを、遠隔監視・保守するシステムの開発を行っています。その中で、PLCの内部メモリのデータ内容を定期的に収集するとともに、収集したデータの一部を見てPLCに障害が発生しているかどうかの判断を行う機能の開発を行っています。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

就職活動中によくこの会社のイメージとして、『バリバリの体育会系』という単語を目にしていたので、学生時代に体育会系の組織に属したことのない私にとってその点は非常に不安でした。しかし、私の配属先はそうでもなく、いろいろな雰囲気の部署があるので、そういった性格適性を見て配属を決めてくれる点も魅力の一つだと思いました。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

自分で書いたソースコードを実際に実機に組み込んで動作させる際、最初は自分の思った通りに動かないこともありますが、どこにその原因があり、どうすれば解決できるのかを考え、最終的に実機が自分の思った通りの動作をしていることが感じられた際に非常にやりがいを感じています。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

昨年情報機器事業部に配属されて以降、周りの先輩を見ていると、どの先輩たちもこのプロジェクト、この分野に関しては自分に聞けば全て解決する、といった強みをそれぞれいくつか持っているように感じています。私も、いろいろなプロジェクトに関わったり、要素技術を勉強したりして、そのような強みの分野をまずひとつ作るというのを現在の目標にしています。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

合同説明会、学内のセミナー、大学に来る求人票…。企業との出会いのチャンスは意外とたくさんあります。普段からしっかりとアンテナを張っておき、これだ!と思う企業に出会ったときは是非、こちらから積極的にアクションを起こしてみましょう。一歩踏み出すのはとても勇気のいることだと思いますが、その一歩をきっかけに状況が大きく変わっていくかもしれません。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ