先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
カワバタ サトシ
川畑 智史
2007年入社
繊維機械事業部
制御開発
専攻:理工学研究科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

世界を舞台に活躍していることを誇りに、社員が活き活きと働いている姿がとても印象的だったこと、リクルーターでお世話になった社員の方がとても気さくで、親しみやすかったことが決め手となったと思います。また、頻繁に海外出張に行っていると聞き、いつか海外で仕事をするチャンスが来るかもしれないと思ったことも理由の一つです。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

主力製品の開発プロジェクトで、ソフトウェア開発と評価を担当しています。研究開発本部でプロジェクトの初期から要素開発に携わってきましたが、その成果を持って事業部に異動となり、製品開発がスタートしました。社内で誰も作ったことが無いものの開発は試行錯誤の繰り返しで、失敗の連続でしたが、モノとして確立していくことが非常にやりがいがあります。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

入社当事は技術的にもとても未熟だったので、遠慮してしまって、会議でも発言はあまりしていなかったのですが、上司から、「技術においては上下も無く対等だからドンドン発言して欲しい」と言われたことがありました。認められてからでないと、発言しても聞いてもらえないとのイメージがあったのでとても意外でした。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

ソフト開発は設計次第で今までに無い機能をどんどん追加していけるため、自分のアイデア次第では、どんなことも実現できるのがソフト開発の魅力だと感じました。そしてその機能が実現し、意図したとおりに動作した時の達成感はひとしおです。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

社内では初めての技術開発であっても、世の中にはすでに存在しているものも多いです。繊維機械事業部のボルテックス精紡機のように、世の中に無かった新しいもの、イノベーションを生み出すような製品開発をに取り組んで行きたいです。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

製品開発は何年も先を見据えて行われています。就職活動においても、今見えているものだけでなく、未来にどういったものを開発していきたいかを考えるのがよいと思います。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ