先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ナヤ シンスケ
納谷 晋輔
2011年入社
繊維機械事業部
制御開発
専攻:理工学研究科 システムデザイン

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

インフラ業界・ロボット業界をメインに就職活動をしており、その両方を兼ね備えていたのが村田機械でした。初めはR&Dの介護ロボットに興味を持ったのですが、繊維機械を見学した際にこの機械こそインフラとロボットを兼ね備えたモノだとビビっときました。面接官・先輩社員に好感を持てたことも大きなポイントです。この会社なら自分の能力を最大限活かせると直感しました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

繊維機械の動作箇所ほとんどにステッピングモータが用いられています。ステッピングモータが機械の手足となって機械制御を可能としているのです。開発職ですが、開発設計のみでなく検証やデバイス選定と幅広く携わります。キーデバイスの選定となれば、自ら電子部品メーカと連絡を取り、スペック確認から価格交渉までします。開発から検証まで携わることで、開発者として一回り大きく成長できるところが他社にない面白みです。現在は、未来機の開発に着手しています。多くは語れませんがこれがまた面白いです。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

イメージ通りでした。社内の雰囲気は重要ポイントだったため良かったです。職場環境は寡黙とは程遠く、話し声が絶えません。納涼祭や運動会など社内イベント盛り沢山なことに良い意味で驚きました。楽しくやりがいある仕事をモットーにしています。周囲の支えもあり良い環境で働けています。ありがたいことですね。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

自分でデバイス選定して開発した基板ができた瞬間は感動できます。自分で自分を褒めたくなる瞬間です。基板に初入電するときは毎度ドキドキします。基板開発者のみが味わえる特権です。自身の技術力が向上していることや、開発者が海外のお客様工場に積極的に行ける環境にもやりがいを感じます。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

入社以来、機械の手足となる基板設計をしていたので、今後は機械の頭脳となる基板設計に挑戦したいですね。頭脳となる基板設計後は、プログラムを作成して機械を思い通りに動作させてみたいなど挑戦したいことは沢山あります。FPGAの導入も目論んでいます。基板から機械を変化させたいですね。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

多くの企業を訪問することをお勧めします。積極的に社員とコミュニケーションをとり、情報を収集して下さい。そこで自分の価値観や信念とマッチした企業があなたにとって良い企業です。「モノ作り」は「人作り」という言葉があります。モノ作りの前に人材育成に注力する、すなわち良い社員に恵まれた会社が良いモノを作れる会社という意味です。仕事内容はもちろんのこと、社員の雰囲気にもポイントを置かれてみてはいかがでしょうか。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ