先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ヒガシ ケンタロウ
東 健太郎
2012年入社
繊維機械事業部
制御開発
専攻:工学部 先端情報電気工学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

入社の決め手は、会社の雰囲気です。会社の説明会に参加したのですが、説明してくださった先輩社員はみな親切な方ばかりで、和気あいあいとしておりとても輝いて見えました。説明会に参加した皆が仲良くなるような配慮もまた、好印象でした。面接時も、私の良いところを引き出そうとして下さっているのを感じ、この会社で働きたいという強く思うようになりました。また、事業部単位で見れば中小企業の規模であるため、製品の一部分だけではなくて全体に関与できるという点でやりがいを感じられそうだと思ったのも入社の決め手の1つです。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

繊維機械は、何十錘、百何十錘と繋がる巨大なものです。そのため、全体を制御する基板や、各錘を制御する基板、そして各錘が持っているモータやセンサを制御する基板が存在します。私の仕事は、それら基板に搭載されるCPUのリソースをフルに活用して、要求に合った機能を実現するプログラムを作ることです。システムに不具合が有り、機械が停止することはお客様の生産率を下げ、売上を大きく低下させてしまうことに繋がります。従って、単に機能を実現するだけでなく、高品質なプログラムを作ることが大切です。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

想像以上に福利厚生が整った会社であったことです。盆休みに加えて夏休みがありますし、また2カ月に1日好きな日に休めるフレックス休暇が有ります。有給を取得しやすいような取り組みや、残業を減らす取り組み、食堂の半額補助、寮・社宅に健康診断やストレス対策研修、組合も有ります。非常に働きやすい環境だと思います。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

要求に対して、ソフトウェアはどんな風にも作れてしまいます。しかし、後々不具合が起こるようなことがあってはなりません。どうやったらバグを少なくできるか、可読性が良くなるか、後々流用しやすいか、じっくり考えて作る必要があります。考えに考え、チームで意見を交わし品質を高めていくことは大きなやりがいです。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

ソフト屋さんはメカ屋さんからの要求を受けてソフトを作る仕事が多いような印象です。しかしスマートフォンやAR、クラウドなど多くの革新的な技術が話題となっているように、ソフト屋さんからも、そのような革新的なサービスを発信していきたいと思っています。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

一度、自分にとって幸せとは何か考えてみてください。私は、初めは給与面で大手ばかりを受けていましたが、自分にとっての幸せが人との関係にあることを気づき、人間関係の良い、長く働ける職場を会社選びの基準にしました。そして、笑顔でいて下さい。一度、友人に面接の練習を頼んだところ、表情が暗いと指摘を受けました。失敗続きの就職活動でしたが、笑顔を意識してから次第に受かり始めるようになりました。第一印象って大事です。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ