先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ババ イチロウ
馬場 一郎
2013年入社
研究開発本部
技術開発センター・京都
専攻:情報学研究科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

大学時代の研究室の先輩を通じて村田機械を知りました。先輩と話していく内に、人柄に惹かれ、社内の雰囲気も良さそうだと感じていました。先輩からは、「是非とも、制御分野の技術者として活躍してほしい。」と言って頂き、その言葉を信じて入社を決意しました。現在、先輩からの期待に充分応えられているか分かりませんが、制御技術者としてこれからも精進していきたいと思っています。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

研究開発本部のCAEチームに所属し、制御分野の開発及び解析を主に担当しています。制御の対象は様々で、事業部を問わず業務を行ってきました。現在は、工作機械事業部と共に次期レーザ加工機の中心に開発を行っています。普段は、パソコンの前で仕事をすることが多いのですが、開発した制御技術を用いて実際に機械を動かし、想定した制御性能が得られたとき、制御技術者としての喜びを感じます。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

入社前に感じていた「明るさ」や「風通しの良さ」のイメージは、今も変わっていません。年の離れた先輩や、他の部署の方々とも、気兼ねなく話すことができており、非常に働きやすい環境だと思っています。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

大学時代では、制御工学、特に制御理論を専攻していました。村田機械に入社後、大学で学んできた知識を実機に適用し、既存の技術では難しかった高加工精度と高加工速度の両立を実現できたとき、一番のやりがいを感じました。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

制御技術は、拡張性の高い技術であり、事業部の枠を超えて活躍できると考えています。もっと速く、よりスマートに機械を動かしたいといった事業部からの要求に対し、自分の経験や知識を活かして、業務に邁進していきたいと考えています。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

自分に自信を持つことと、自分をよく見せようとすることの違いを意識できていなかったように思います。見学や面接等の場では、ありのままの自分を大切にしつつ、社員の方々と屈託のない意見交換ができる様、努めてみることが大切かも知れません。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ