先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
タチバナ コウタロウ
立花 高太郎
2007年入社
L&A事業部
中部営業所
専攻:経済学部 経済学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

就活時は私も、会社を選ぶ理由をいろいろ考えては悩みました。自分に向いている仕事は?やりがいは?給料は?そもそも自分って何がしたのか?…自分を無理やり納得させるために志望動機を考えているような時もありました。 村田機械を選んだ理由はズバリ、「人」に尽きます。「会社が楽しい」、「仕事が楽しい」、自信満々に言える人はそれほど多くないかもしれません。私が就活中に出会った「ムラタ人」はみんな口を揃えて、そう仰っていました。皆さん、そう話している時の目が輝いていたのは覚えています。こういう人たちと一緒に仕事できたら、楽しいだろう…という、今思えば感覚的なものかも知れません。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

扱う製品は、立体自動倉庫、無人搬送車、仕分けソーター…などなど。「物流設備」といっても普通の人にはあまり馴染みがありませんが、現代の社会には必要不可欠な「産業機械」です。ネットで今日注文した商品が明日手元に届くのも、「物流設備」が何らかの貢献を果たしています。まさに「縁の下の力持ち」です。 ビジネスは完全に「BtoB」です。相手にする企業は誰もが知っている一流企業がほとんど。設備の規模は小さいもので数百万から、大きいものだと数十億と、非常にダイナミックな仕事です。プレッシャーを感じる大変な場面もありますが、もちろん一人で戦うわけではありません。設計、SE、工事、サービスなど、各部門と協調し、旗振り役を担うのが、村田機械の営業の仕事です。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

ギャップは全くと言っていいほどありませんでした。若干体育会的なノリで、アットホーム、風通しの良い企業文化。私が経験している2つの事業部も、全く異なる業界で事業を展開しているため多少文化の違いこそありますが、根っこの部分はなんら変わらないのでそこが非常に興味深いです。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

営業って結局体力勝負、酒飲んでナンボの世界でしょ?いえいえ、村田機械の営業は決してそうではありません。むしろアタマを使います。状況を把握し、分析し、勝つために必要な打ち手を考える。選手でありながらも監督的な視点でモノを見ることが肝心です。そうしてアタマを使った後のお酒がまた美味しいこと…(笑)

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

配置転換で物流設備の営業となってから、満2年。まだまだ駆け出しのため、日々勉強中です。その前は同じ営業でも別の事業部で全く違う製品を扱っていました(複合機・FAXなどのOA機器)。同じ会社の中でも毛色の異なる事業部が5つあり、選択肢が多いのもウチならではと感じます。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

情報に踊らされないこと。期待し過ぎないこと。自然体で臨むこと。 ネット情報も時には有益かもしれませんが、ぜひ色んな先輩に会い、生の声を聞いてください。憧れの会社に行きたい気持ちは誰しもありますが、過度な期待は禁物です。テクニックに走り過ぎず、自分の地をさらけ出してください。そして、最後は自分の直感を信じること! 目一杯、楽しんでください!!

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ