先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
オナミ ユウスケ
尾波 有亮
2011年入社
工作機械事業部
ターニング販売中部日本
専攻:国際文化学部 国際文化学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

出身が兵庫県ですので、まず関西の企業に目がつきました。その中で、村田機械は関西に基盤を置き、数多くの社員が京都、大阪等の関西地区で働いているという事もポイントとなり、村田機械への入社を決めました。また、採用活動の中で接した人事の方々から感じた印象、空気、社内風土が穏やかで魅力的なものにうつり、「自分もこの会社で働いてみたい」と感じたことも大きなポイントの一つです。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

BtoBメーカーですので、お客様が相対する存在ではなく同じ方向を向いたパートナーであるということが非常に特徴的な点です。我々が扱う工作機械、旋盤は主に自動車業界のお客様から高い評価を頂き、長年ご愛顧頂いております。日本のものづくりの基幹産業である自動車業界のお客様それぞれの要求に対して、最適化されたシステム、生産設備を提案し、それを実現、供給することでお客様の満足を引出すことができた時に面白さや喜びを感じます。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

関西で働くものと思い込んでいましたが、現在は愛知県の犬山工場にて勤務しています。社内風土に関しては入社前のイメージどおり、非常に穏やかでのびのびと仕事をさせてもらっています。その分自分で考えなければならないことも多いですが、良い経験、勉強になります。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

お客様の思う方向と、自分が「こうしたい!」と思う方向が合致した時です。ぶつかり合うことも多く有りますが、それでも「より良いもの」をという思いで仕事をしています。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

現在は中部日本地域のお客様を担当していますが、今後のモノづくりは「グローバル化」がキーワードになってきます。その中で、国内に留まり続けることなく海外にも広い視野を向けて仕事に取り組みたいと考えています。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

自分の可能性を狭めることなく、色々なことを見て、聞いて、感じて、自分がどうしたいかをしっかりと考えるべきと思います。「考える」という行動が成長を促してくれるはずです。まずは業界や職種を限定してしまうのではなく、色々な業界、職種に触れてみるのが良いと思います。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ