先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
マツオ リョウ
松尾 亮
2013年入社
工作機械事業部
板金システム販売東日本グループ
専攻:経済学部 経済学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

海外留学時に「日本のモノづくりに携わる仕事がしたい」と思ったことをきっかけに就職活動を始め、その中で「仕事内容」と「人」という2つの点から村田機械は非常に魅力的だと感じました。そのきっかけの1つがインターンシップでした。BtoB業界の提案型営業をテーマに実例を元にしたケーススタディをみっちりと行い、その難しさだけでなく国内外で「日本のモノづくりの看板」を背負ってモノづくりを支える醍醐味を学ぶことが出来ました。また、インターンシップや選考活動を通じて出会った先輩社員の方々が非常に魅力的だった事も決めての1つです。特に村田社長へ質問をした際にメールにて丁寧に返信して頂いたことは非常に印象的で、ぜひ村田機械で働きたいと思いました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

日本のモノづくりをサポートする板金加工機の国内向け営業を担当しています。板金と聞いて簡単にイメージが浮かばないと思いますが、当社の加工機で生産された製品は人々の生活を支えています。一般的に板金加工機は穴を開ける、切断する、曲げるといった単純な加工を行いますが、精度や品質を追求すると非常に奥が深く、知れば知るほど面白い業界だと思います。競合他社が非常に強い中で、単なる商品PRに終始せず、お客様が抱く「課題」を共有し「価値」を創造する提案を行うことで受注へ繋げます。そのためには日頃からお客様や商社の方々はもちろん工場の方々ともコミュニケーションを取ることを目指しています。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

入社前にインターンシップへ参加していたのでほとんどイメージギャップはありませんでした。雰囲気も明るく、非常に働きやすい職場だと思います。1年次には事業部の枠を超えてよくスポーツ活動にも参加していました。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

村田機械でメーカーを決定して頂いた時に、商品の性能だけでなく村田機械全体のモノづくりに対する姿勢に共感したというお言葉をお客様から頂けた時に仕事のやりがいを感じました。同じモノづくりをするメーカーとして非常に嬉しかったです。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

国内営業として自分自身のスキルアップを図り、提案営業のスペシャリストを目指します。今は多くの方に力を借りながら仕事をしていますがお客様からも工場からも頼られる存在が目標です。ただ、将来的には留学の経験を活かして新興国を中心とする海外営業を目指したいと考えています。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

周りに気を取られずに自分は何がしたいのか、どういう人間なのかについてじっくりと考えることが先決だと思います。その上で、気になった会社は業種を限定せずに就職説明会や選考活動に足を運び自分を信じてどんどんアピールしてください。そして最も大切なことは悔いを残さず全力でやりきることです。最終面接時につい熱が入り面接予定時間を大幅に超えてしまい、内定後に話が長すぎると注意されたこともあります。(笑)

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ