先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
キタムラ ショウ
北村 昌
2009年入社
繊維機械事業部
営業第六チーム
専攻:文化学部 国際文化学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

学生の頃より海外で仕事をしたいと考えていたので、早くから海外での業務チャンスを得られる業界と会社に絞って就職活動を行っていました。 繊維機械事業部は紡績産業をフィールドにしているので、海外、それも先進国よりもこれから世界の主役になり得る発展途上国の熱を感じながらビジネスキャリアを形成できると考えたことが決め手となりました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

チーム内では最大の市場であるトルコを専任で担当しています。欧州・中東・ロシア・アフリカに面したこの国は地政学的に産業に適した土地ながら、同時に各地域の社会的影響を受けやすくもある国故に常に商品には革新性と柔軟性を求められる市場です。 以前に欧州地域を担当していた経験もあり、欧州のアパレルトレンドを説明しながら弊社製品が如何に需要に沿った製品であるかを説明、欧州市場に魅力を感じていたお客様より大型案件を受注しました。国内過当競争が強まる中、トルコ各社が異なる方向性を持ってそれぞれの商品競争力を高める手助けを出来ることが喜びです。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

圧倒的な技術力で世界の市場を席巻しているのかと思いましたが、裏には成約に至るまでの技術フォロー、ニーズの理解、納入後のケアなど日々各部署の尽力により今日の世界No。1シェアを確立していることを社内の一員となって理解しました。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

自分が製品を納入したお客様を訪問した際に「満足している」という声を頂くと、納入に至るまでのプロセスが正しかったと確信を持てます。サービス部や代理店とお互いの仕事に「ありがとう」と言いあえる関係・そして仕事の結果こにやりがいを感じています。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

現在ワーク中ですが、お客様がより高品質な商品を生産できる様、弊社の新製品をトルコ市場内でのスタンダードになる様にしたいと思っています。紡績産業はどうしても発展途上国に優位性がありますが、トルコの様に経済レベルの高い国でも市場をより活発にし続けたいと思います。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

常に10年後の自分を描き、理想に近づく為には何をすべきなのかを念頭に置くことが重要だと思います。またそれを考える際には「何故?」という問いに答えられることも必要です。 将来の自分を描くことが出来れば自分が何をしたいのか、強みや足りていない事も分かるはずです。また理想の自分像を描く為にはより多くの業界や企業の説明会に足を運び、何か学びを持ち帰るというアクションは必須だと思います。新しい発見や出会いを楽しみながら就職活動頑張ってください。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ