先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ウマコシ ケンタロウ
馬越 健太郎
2007年入社
製造本部
第二資材部・京都購買課
専攻:工芸学部 機械システム工学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

一人一人の人間を大切にしてもらえそうな印象を感じたからです。2度目の説明会に来たとき、まだとても緊張していました。そこへ1度目の説明会で話した人事担当の方が、遠くで目が合った自分のところにまっすぐ近寄って来ていただき声をかけて頂きました。それ以外にもリクルーターの方々にはいろいろ相談させていただき、「たとえ村田機械を選ばなくても、自分の行きたい会社が見つかるように」と言って頂いたことを今でも覚えています。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

購買は主に自社で使う部品、設備を購入する仕事をする部署です。私は現在、電子基板に使用する半導体部品(IC、メモリーなど)の担当をしています。「購入」することは、だれでも毎日行っていることです。皆さんもスーパーやコンビニで野菜や日用品を買いものをしていると思います。しかし購買は会社のお金を預かっているため、「良い買い物」をしなければなりません。そのために価格交渉や納期調整など、購入に関わる幅広い仕事をしています。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

一番のギャップは、当たり前のことかもしれませんが、本当にたくさんの人と出会えました。仕事ではもちろん厳しい人も多いですが、なかには部署が違っても丁寧に教えていただけたり、プライベートでも相談に載って頂ける仲間と出会えたことは財産です。一方で、購買の仕事を通して社内外で多くの人たちと関わることで、いろんな立場の人と仕事をすることの難しさを感じる場面もたくさんありました。しかしそれも自分にとって、とても勉強になっていると感じています。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

繊維機械の新機種で使っているICを変えるため、安くて機能も同じ部品を調査し、設計者に提案し、そしてその部品が採用されることが決定したときです。自分の調査した部品が使われることも嬉しかったですが、調査する過程で部品について多くのことを勉強できました。部品知識を深めることで、今まで以上に積極的に提案ができるようになったと思います。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

現在、取引先と購買、村田機械の工場をつなぐネットワークシステム導入を進める仕事にも携わっています。いろんな立場の人たちの意見をまとめるのが大変に感じるときもあります。しかし、それぞれの意見をしっかり聞き、最善の方向にリードしていくことで自分も成長していきたいと思います。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

私は就職活動時代、明確な夢・目標を持っていませんでした。そのことで自信を持てなかったときもありましたが、私は少しでも興味のある会社に積極的に訪問して、説明会や面接を受けに行きました。明確な夢がなくても前向きに考えて「何にでもなれる!」と思って動いていたと思います。皆さんも自信を失いそうになるときがあっても、「なりたい自分にきっとなれる」と信じて悔いのないように頑張ってください。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ