先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
ヒロセ ケンイチ
廣瀨 健一
2004年入社
L/C
業務部
専攻:法学部 法律学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

大学では文系を専攻していましたが、モノ作りに携わる仕事がしたいと思いメーカーを志望しました。 メーカーの中でも受注生産する製品を扱う企業であれば、文系出身者でも営業としてお客様と一緒にモノ作りに携われる。 また、受注生産の企業の中でも村田機械では(特にL&A、CFA事業)社内外の製品を組み合わせてお客様にシステム提案を行いますので、大きな仕事ができる。製品が納まるまでプロジェクトに携わるという意味でやりがいがあるだろうと感じたからです。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

営業からの情報をもとにした受注計画をまとめ、工場側へ伝達します。業務部では各案件の予算、実績、スケジュールを管理する業務を主に行っていますが、その中で私はスケジュールに関連する仕事を担当しております。特にクリーン搬送システムはお客様毎に要求される仕様やスケジュールが異なり変更も頻繁にありますので、それだけに、いつ・何を納入するかを予め正確に把握する事が重要になってきます。 スケジュール調整がうまくいけば、お客様、弊社双方の利益に繋がりますので、そこが仕事のやりがいとなっています。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

イメージとズレがあったというより、イメージしていた以上でした。 文系出身者であっても製品に関わる様々なある程度の知識(機械、ソフト、建築など)が要求され、モノ作りしていく中で意見を発信していかなければなりません。また一つのプロジェクトだけでも多数の人が関わりますのでいかにチームワーク良く仕事できるかも重要です。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

一つ一つのプロジェクトを乗り越える度にお客様、社内関係者含めて苦楽を共にした仲間が出来ます。いい仕事が出来れば次の仕事に繋がり、またプロジェクトに取り組むメンバーが同じであればお互い更に仕事がしやすくなる。そのようないい循環に乗っている時に仕事のやりがいを感じます。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

業務部門に配属されてまだ1年足らずですので、まずは目先に直面している課題に取り組みたい。具体的には営業職を経験して現場を知っている立場からの視点で、社内の業務フローやシステムの効率化を試みたいです。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

面接時にアピールする「将来自分が仕事をしている姿」がその会社に求めているものにマッチしていれば、採用にも結びづきやすく、また入社後のギャップも少なくなると思います。学生時代にはなかなか実際の仕事について想像し難いと思いますので、様々な企業を回る、または、身近な先輩やOBの方から直接話を伺った上で、自分が働いているイメージを具体的に持つ事が重要だと思います。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ