先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
オキ サナエ
隠岐 早苗
2001年入社
業務支援本部
経理グループ
専攻:経営学部 国際環境経営学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

面接の時の人事担当者や面接官の雰囲気が良く、とても楽しい面接だったことや、自由闊達な雰囲気で、社員の皆さんが、若いうちから責任ある仕事を任せてもらえるとおっしゃっていたのが印象的でした。長く続けようと思っていたので、会社が自分の想定する生活圏内から近かったのも選択理由の一つです。また、内定を受諾するか迷っている時に、経理でお仕事をされている社員さんとお会いする機会をいただいたのですが、非常に目力の強い魅力的な方で、自分のお仕事の面白さをとても熱く語ってくださり、思わずその世界に引き込まれました。様々なお話を聞く中で、自分の働きたい気持ちがどんどん高まったのを覚えています。もちろん、今もその方とは、同じ職場でお仕事をさせていただいています!!

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

経理でシステムの仕事というとイメージしづらいかもしれませんが、様々な事象/情報がIT化・データ化・自動処理化すなわちシステム化される中、経理メンバーが、より迅速かつ効率的に業務を行えるように、主にシステム面から多種多様なサポートをする、言わば「縁の下の力持ち」的な業務を行っています。経理で利用される各種業務システムを、ユーザーの要望を聞きながら、実際に開発したり、改修・維持したりするのはもちろん、経理が管轄している、村田機械およびグループ会社で利用する全社規模のシステムの企画や改善のとりまとめを行い、システム部門に依頼する架け橋の役割も担っています。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

入社してからのイメージギャップは特になく、実際に若いうちからボンっと責任ある仕事を任され、取り組んできたと自分では思っています。仕事も当然納期はあるものの、基本的に自分のペースで行っており、私の性格によるかもしれませんが、社内においても自由に自分の意見を述べさせてもらっています。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

何せ私の仕事にとっての一番のお客様は、身近な経理のメンバーです。業務効率が上がるような、使い勝手の良いシステムが作成できれば、お客様の喜びの声が直接聞こえてきて、たとえそれまでの過程が大変だったとしても、疲れもふっ飛び、次の依頼にもしっかり応えようと思えます。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

より良いシステム作りには、システム目線だけではなく、ユーザー目線にも立って、そのバランスを保つ必要があります。そのためには、システムの知識は当然のことながら、経理の業務の知識を蓄積することも欠かせません。まだまだ勉強不足なので、もっと精進し、『経理グループシステムチームに隠岐あり』と言われる存在になります。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

就職活動だからといって、自分が試される・面接される側なんて思う必要はありません。大いに自分をアピールし、自由にいろんな会社を見てふるいにかけてやるぐらいの心意気で取り組んでください。会社を決める際に重視する点はそれぞれだと思いますが、就職活動を自分を見つめる絶好の機会と考え、様々な業種・会社に思う存分触れる中で、やりたいこと・働いてみたいと思える場所を見つけていただきたいです。選択の結果が村田機械なら、こんなに嬉しいことはありません。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ