先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
イセキ マサヒト
井関 将仁
2014年入社
工作機械事業部
製造部管理
専攻:環境エネルギーシステム工学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

私が村田機械を選んだ理由としては行事やサークルの多さが大きかったです。学生のときは機械工学を専攻していたのでモノづくりに携わる仕事をしたいと決めていましたが、職種よりも重要視していたのは人間関係でした。例えどんなに好きな内容であっても職場の関係が悪ければ、必ず嫌になってしまいます。しかし会社の雰囲気を知るのはなかなか難しいです。そこで私が判断基準にしていたのが行事やサークルの多さです。業務以外の絡みが多いのは社員の交流が盛んで、仲が良いことが考えられます。 また、完成された大企業よりも成長中の企業のほうが活躍する場面が多く、自分の力を求められていると考えたのでこの会社を選びました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

工機製造部管理課に配属され仕事の範囲としては生産に関わる全ての部分に関係しているため内容はかなり幅広いのですが、主軸としては受注から出荷までの整流化という役割を担っている部署です。その中で現在自分は日程業務という部品の欠品状況から生産ラインを止めることなく、いかにスムーズに調整できるかと大物鋳物品の手配を任されています。いずれも失敗すると生産を止めてしまうことになり責任の大きい内容です。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

入社前のイメージでは現場の人は怖くて冷たいイメージがありましたが、実際働いてみるとちょっとした疑問でも丁寧に教えてもらえるし、気さくに話かけてくれるので職場に早くなじむことができ、仕事にも前向きに挑戦できました。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

時には納期に関して作業者から厳しい言葉をかけられるときや社歴がかなり上の方に調整を依頼する場合が多く、大変な仕事です。また、スムーズに進んでいることが最大の成果なのであまり評価されにくい部分です。しかし多くの先輩社員の方から助言をいただき、常に改善を行うことで生産を支えているという使命感が大きい職場でもあり、気づいてもらい評価されたときには達成感も感じられます。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

現在は自分の職場内だけで製品を担当しています。今後は他部署まで回れるように多種多様な知識を身に付けたいですし、今は納期遅れのものを探して作業者に督促をかけることしかできませんので、フォークリフトやプレスなどの資格もとり現場を助けれるようになりたいです。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

就職活動では内定をもらうためについつい良い恰好をしようと、自分のアピールポイントをたくさん言おうとしてしまうと思います。それでは短い面接時間では相手に伝えるのは難しいのです。自分の強みをどのように活かしてきたか、また、会社でその強みをどのように活かすかを考えた方が、自分と会社のことをしっかりと理解しているという好印象にも繋がります。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ