先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
クラタニ ヤスヒロ
倉谷 泰弘
2013年入社
クリーンFA事業部
ソフトウェア技術部設計
専攻:理工学研究科 人間情報科学

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

学生時代信号処理の研究をしていたので、信号処理ができそうかつBtoBであるという条件で会社探しをしていました。 入社した決め手は二点で、一点目は働いていいる人たちの人柄です。会社説明会や訪問などで、気さくでユニークな人が多く「この人たちとなら毎日楽しく仕事を進めていけそう!」と感じました。二点目は畑違いの業務でも任せてもらえるという所です。たとえば大学時代のソフト出身者が機械設計を担当していて「自分の知識も広がるし、畑違いならではの気づきで新しいものを生み出しやすいのでは!」と思いました。 実際に働いてみて、周りの人たちは気さくで、畑違いの人ともざっくばらんに仕事を進めることができていると感じます。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

従来、天井台車システムのソフトを検証するには実機を使う必要がありました。そのため実機が完成してからでしかソフトウェアの検証はできない上に、社内の決まったレイアウトでのみしか走行テストをすることができませんでした。台車システムのソフトを動かせるエミュレータがあれば、実機を使わずともソフトの検証を実施できますし、様々なレイアウトを構築してその走行試験なども行うことができます。エミュレータは実機に備えつけられている各種センサの動作を模擬していて、その模擬精度を高め実機と遜色ない動作をするエミュレータを作りあげることとエミュレータで模擬できる実機の種類数を増やすことが当面の目標です。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

思っていたよりも一人当たりの守備範囲が広いことですね。たとえば一つの機種についてソフトの担当者は5,6人いるものだと思っていましたが、実際は2,3人でした。もちろん掛け持ちをする場合もあるので、一人当たりの守備範囲はさらに広いことになります。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

社内エミュレータユーザからの問い合わせで既存の不具合とその原因を見つけ、修正したエミュレータソフトを展開した時にやりがいを感じます。また、お客様から「よくやってくれた!」と言われた時に、次からも頑張ろう!と思えます。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

エミュレータの精度を上げたり、模擬できる機器の種類を増やしてお客様の工場丸ごとエミュレートすることに挑戦したいです!それができれば、お客様の工場レイアウトを変更する前にそのメリット・デメリットを高精度に推定することができ、お客様からの信頼も高まると思います。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

いろんな所へ会社見学に行って、そこの社員の人たちと話すことが一番大事なのかなと思います。どんな雰囲気の人たちが働いていて「この人たちとなら末永く一緒に仕事できそう!」と思える会社がいいと思います。楽しく長く働くことのできる会社と出会えるよう就職活動頑張ってください!

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ