先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
コバヤシ マコト
小林 誠
2009年入社
クリーンFA事業部
開発部
専攻:工学部 ロボティクス学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

始めは大学で学んでいた自律走行ロボットの知識を生かせる仕事を探していました。まだまだ研究の段階であることが多かったこの分野で、すでに世界中の半導体工場で欠かせない存在として必要とされているOHTのことを知り興味をもったことがきっかけです。説明会に参加する中で、お世話になった他大学の先生が昔自律走行ロボットのアドバイザーとして関わっていたことや、在学中のロボット開発時にスポンサーとして応援してくれていた企業ととても深い繋がりがあることなどを知り、大げさかもしれませんがこの業界に運命を感じました。その後職場を見学させて頂いた際に真剣ながらも楽しそうに仕事をしている雰囲気を肌で感じてここで働きたいと思うようになりました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

半導体の工場内でFOUPと呼ばれるICチップの材料が入っている容器を、工程ごとの製造装置に搬送するOHTビークル(OverHeadTransfer)と呼ばれる天井レールを走行するロボットを開発しています。24時間365日稼働が求められる上に、わずかな時間でもシステムが停止したり、故障によって流れを止めてしまうと莫大な損失が発生します。また、最終工程では一つあたり数千万円になるとも言われているFOUPを運びますので、OHTビークルが走行時に与える振動や落下のリスクに対して非常に高い要求に答えなければいけません。その反面、世界中のIT機器の中に自分達が開発した製品が運んだ物が使用されていることに大きなやりがいを感じています。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

入社前から明るい職場の雰囲気を感じていましたが、入社してからもその印象は変わりませんでした。上司や先輩社員に対しても自分の意見をオープンに伝えることができる職場で日々議論を交わしながら業務に取り組むことができています。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

何かを開発する時には重量だったり、配置スペースだったり必ず何かしらの制限があります。これらの制限をクリアするためには様々なアイデアが浮かんでは消えていくのですが、思い浮かんだ案がカチッとはまり「問題を解決できるかも!」と思った瞬間に一番やりがいを感じます。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

これまで機械設計を主業務としてきましたが、電気や制御分野での知識が必要なことが何度もありました。機械設計のみならず他の分野の理解を含め、視野の広い総合的な知識が必要な仕事に挑戦して新しい物を開発していきたいです。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

自分にとって本当に大切な物が何かをしっかり把握することが大切だと思います。何故その会社に入りたいのか、何故その仕事がしたいのか、何故それをすると楽しいと思うのか。どんどん突き詰めていったときに私の場合、何かの課題に対して頭をひねってそれを解決していく過程にやりがいを感じていることに気がつきました。自分が本当にしたいことを捉えることで、職種に対する視野が広がったり、充実感を感じる仕事を見つけることができるようになると思います。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ