先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
タジリ ヨウヘイ
田尻 洋平
2009年入社
工作機械事業部
ターニング販売中部日本
専攻:国際英語学部 国際英語学科

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

アメリカに留学していた為、せっかくだから『留学経験を活かしたい』と、帰国後は留学生向けの合同説明会を選んで参加していました。商社やサービス業など色々説明を聞いてもいまいち『自分が働いているイメージ』が沸かず、結局のところどんな仕事をするのかわかりませんでしたが、最もイメージがわき易かったのが『メーカー』でした。メーカーは自社製品を『作る』『販売する』という目標がはっきりしており、イメージがしやすかったと思います。中でも村田機械の製品は各業界でのトップシェアであり、『自社製品に誇りが持てる』というのも魅力でした。今では日本経済を支える自動車産業に関わる事ができることもやりがいになっています。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

愛知県の一部でエリア営業を行っている他に、1社大手ユーザを担当しており、そのお客様が展開している海外工場への訪問もします。お客様が要望される機械のご提案、納入した機械のアフターフォローが主な仕事です。商材である旋盤とは建設機械、水道金具等に使用される部品を作る機械です。特に自動車業界がメインターゲットであり、大手海外メーカを含めたほぼすべての自動車にムラテックの旋盤で加工した部品が使用されています。新しい車が発売される2年前から設備プロジェクトが発足し、部品を作る為にどのような機械にしたら良いかをお客様と無数の打合せを重ね、オーダーメードの機械に仕上げます。自分が関わった機械で作った部品が使用されている車が発売されたときは、『自分がこの車を作ったんだ!!』と誇らしく思ったりします。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

メーカーというのはオフィスというより工場のイメージでしたが、実際は製造現場だけでなく設計や開発、マーケティングなど様々な役割があり、新鮮でした。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

仕事は『会社対会社』との付き合いでもありますが、『個人対個人』の付き合いでもあります。自分がお客様に向き合う姿勢、村田機械が一丸となってやり切る姿勢をお客様に認めて頂いた瞬間はたまりません。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

工作機械といってもお客様のニーズやトレンドによって日々進化しています。お客様の色々な声を吸い上げることで自社製品の進化、開発に貢献し、村田機械のブランド力を高めていきたいです。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

自分がどの職業に向いているかは働いてみないとわからないと思います。やりたい事があり、それがイメージできる職業、会社を選ぶ事が積極性を生み、自分自身の成長につながると考えます。就職活動で悩んだ時はやりたい事をたくさん挙げ、それが実現できる会社、仕事なのかをイメージしてみてはいかがでしょうか。

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ