先輩社員紹介先輩社員紹介

先輩社員INDEXに戻る
タナカ ゲンキ
田中 源紀
2009年入社
L&A事業部
制御開発課
専攻:電気電子情報工学

Q1.就職先として村田機械を選んだ理由を教えてください。

昔から自動化した加工・工作などの機械や搬送設備が好きで、こうした機械制御に関する仕事がしたいと考えていました。産業用の製造・検査装置や自動化設備などの制御基板設計ができる会社を調べているときに、大学の友人から自身の地元にこんな会社があると紹介されたのが村田機械でした。事業部の大半が産業用機械の設計・生産を行っており、各事業部全てで制御基板の開発・設計組織を持っていること、制御基板の内製に力を入れていることが決め手になりました。

Q2.現在の仕事内容を教えてください。

生産ラインの工程間搬送や運送業・流通業の拠点のような保管・仕分などを自動化した設備の制御基板全般を設計しています。予定通りに商品を皆様の手元へ届けるためには24時間365日機械が止まることは許されませんし、こうした設備は簡単に作ることはできませんから、何年も稼働し続ける必要があります。稼働する環境も冷凍・粉塵・腐食性ガス・強振動・静電気・強電磁界など様々です。厳しい環境条件や高い信頼性が要求される一方、小型化・省エネなどの相反する要求もあります。こうした要求に高いレベルで応えていくことは難しいですが、実現するための方法を考えることは楽しくもあり、世の中の生産や流通を支える機械を作るということに大変やりがいを感じています。

Q3.入社する前と後で、イメージギャップはありましたか?

学生時代はある程度の規模の会社は、どこも合理性を追求し人間性はおざなりになるのだろうと考えていましたが、就活中の会社見学では人間味の強い会社だという印象を強く受けました。入社後もそれは変わらず、多くの人が協力し合うことで大きな成果が得られるのであり、人を大切にする環境が不可欠なのだと感じました。

Q4.現在の仕事のやりがいを教えてください。

解決すべき多くの課題に挑戦していく中で、新しい見識がどんどん増えていき自分自身がものすごい速度で成長をしていることを実感できるだけでなく、組織として連携していかなければとても目標を達成できず、こうした連携を通じて周囲との関係が強固となり組織としても成長していく充実感はたまりません。

Q5.今後、目標にしていることは何ですか?

今挑戦したい課題は「省エネ」と「システム連携」です。近年は工場自体にも省エネが強く要求されるようになってきました。機械自体を省エネにするだけでなく、沢山の機械で構成される自動化システムの連携を強化して1つの機械としては得られないような能力・機能・省エネを実現していきたいと考えています。

Q6.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

○○学科だから○○系メーカーという様に自分の専門分野で限定せずに、様々な業界に目を向けることをお勧めします。畑違いと思えても自分の専門を生かせることがよくありますので、分野に囚われると可能性を狭めてしまいます。特に、やりたいことが漠然としている場合は、これがやりたい!という仕事が見つかるかもしれません。機械制御には電気・電子の技術が重要です。機械メーカーは電気メーカーよりも広い範囲の仕事ができるので電気系の方にはおすすめです!

先輩社員INDEXに戻る
ページトップへ