村田機械株式会社

  • ロジスティクス&オートメーションTOP
  • ニュース
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

事業トップ

導入事例

配送

食品メーカーにおける首都圏大型配送センター

配送

食品メーカーにおける首都圏大型配送センター

求められる課題(改善のポイント)

  • 24時間作業への対応
  • 工場荷受から配送先指定時間への対応
  • 工場での検査待ち区分、配送先別ロット管理
  • 鮮度管理とトレーサビリティの徹底化(食の安全確保)
  • 省力、省人化によるローコストオペレーション

ソリューション導入事例

事例鳥瞰図
フロー図

ソリューションのポイント

  • 工場隣接保管倉庫機能に加えて、ディストリビューション機能、クロスドッキング機能を兼ね備えた複合型センターです。
  • ITFコードと商品データを利用し、トレーサビリティを確立しています。
  • トラックの荷台積載効率を極限まで高めた配送シミュレーションを行い車輪台数を減少させます。

導入機器のポイント

パレット自動倉庫
パレット自動倉庫
  • 常温保管対象品、定温保管対象品を確実に管理し、トレーサビリティの確立に大きく寄与します。

詳細はこちら

層別ピッキング装置
層別ピッキング装置
  • パレット積みの商品を層単位で切り出し、ピッキングを行います。
  • オーダーピッキングに対し、効率的な処理が行えます。

詳細はこちら

フリーサイズ自動倉庫
フリーサイズ自動倉庫
  • さまざまな大きさ、重量のケースに対応し、効率的な保管を実現します。
  • 自社商品以外のクロスドッキング対象ケースも保管入出庫可能です。
  • 次工程のピッキング装置と同期化しスピーディに出庫します。

詳細はこちら

ロボットパレタイザー
ロボットパレタイザー
  • 出荷対象ケースをオーダー別に自動ピッキングします。
  • 配送シミュレーションに基づき輸送の効率化と積載の安定化を考慮したパレタイズを行います。

詳細はこちら

配送へ戻る

このページのトップへ