村田機械株式会社

  • ロジスティクス&オートメーションTOP
  • ニュース
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

事業トップ

導入事例

流通

医薬卸業における情報システムの構築

流通

医薬卸業における情報システムの構築

求められる課題(改善のポイント)

  • 品切れ率の低減・防止(業界内の激化するシェア争いに対処)
  • 高いサービスレベル(多頻度配送など)の維持
  • センター集約化による物流リベートの取得と、商物分離推進によるローコスト物流の実現
  • ロット期限管理の徹底
  • センター荷揃え率の向上

ソリューション導入事例

事例鳥瞰図
フロー図

ソリューションのポイント

  • 時間当たりの処理能力を高め、きめ細かいサービス(センター荷捌率の向上)を実現します。
  • お得意様からのご注文に対して、フレキシブルに対応する仕組みを構築します。
  • ロット期限管理を徹底したミス“ゼロ”システムは作業の確実化を支援します。
  • 作業者の作業進捗と実績をモニタリングすることで生産性を向上させます。
  • フルラインアップ化に対応した多品種商品を、確実にお届けするサポートを行います。

導入機器のポイント

パレット自動倉庫
パレット自動倉庫
  • 補液、パップ剤などを効率よく保管し、センター効率を高めます。

詳細はこちら

WMS
WMS
  • 医薬卸専用情報システム(Warehouse Management System)を導入し、センター共通の運営を行います。

詳細はこちら

ハンディターミナルシステム
ハンディターミナルシステム
  • ピッキング作業にハンディターミナルシステムを用い、作業の確実化をはかり、作業者の個人別実績をリアルタイムに把握することで生産性を向上させます。

詳細はこちら

高速自動切り出し装置(スペースストレージ)
高速自動切り出し装置(スペースストレージ)
  • 出庫コンベヤに積付パターンを割付制御することで、出荷先での荷降効率化がはかれます。

詳細はこちら

流通事例一覧へ戻る

このページのトップへ