村田機械株式会社

  • ロジスティクス&オートメーションTOP
  • ニュース
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

ムラテックL&Aの生産現場

調達

現品票によるモノと情報の一致

社内加工場やサプライヤーから部品が納入されると、「納品チケット」と引換えに「現品票」を発行し、作番(受注物件の製品を識別する番号)ごとに指定納期で集約(一次仕分け)します。

「現品票」には部品の移動場所=「ロケーション位置」が印字されているので、サプライヤーは「現品票」に表示された移動場所へ部品を運び、部品とロケーション位置情報を紐づけし、保管登録を行います。
 
「現品票」には作番や品番、品名、ユニット番号、ユニット内での部品のシリアル番号である風船No.などの情報が印字され、モノと情報を一致させています。
「現品票」は、2次元コードやRFIDで管理しています。また、各サプライヤーに生産計画情報をWEBで開示することで、欠品を防止しています。

サプライヤー
荷受・倉庫、作番集約(一次仕分け)
配膳(二次仕分け)、組立ワークステーション
このページのトップへ