村田機械株式会社

  • ロジスティクス&オートメーションTOP
  • ニュース
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

事業トップ

ムラテックL&Aの生産現場

生産現場責任者に聞く

ムラテックL&Aの生産現場

生産現場責任者に聞く

田井彰人(AKITO TAI)| L&A製造部部長

「お客様をお迎えする工場をつくろう!」

量産型の生産方式は、トヨタ生産方式に代表されるように世の中に参考となる事例や書物がたくさん存在します。一方、個別受注型の生産方式は、参考となる事例は少ないのが現状です。こうした背景にL&A事業部において、個別受注生産における独自の生産方式の開発に取組みました。

まず、現場主導で進めることにより、ひとりひとりの意識改革と人材の育成を図りたいと考えました。従来まで一番お客様と遠い職場であった生産現場を、お客様に向いたモノづくりに変えていきたいと願い「お客様をお迎えする工場をつくろう!」というスローガンを掲げることからスタートしました。

ムダの少ない工場は、見るだけでプロセスが理解でき、安全と安心感を与えます。私たちのモノづくりの姿勢をお客様に見ていただき”信頼できるサプライヤーである”と評価していただきたい。そのためには、個別受注生産のモデル工場となり、モノづくりの思想を確立し、見学を通してそれらを分かりやすく説明する必要があると考えました。

未来のモノづくりを先取りした先進的な工場をめざし、創造的なアイデアを取り入れ、更なるモノづくりの革新にチャレンジしています。 皆様の見学をお待ちしています。

足立稔

AS/RS1工場

自動倉庫は生産現場から流通業までさまざまな用途があり、大量保管と在庫管理、高速入出庫能力という特性に加え、搬送、仕分け、ピッキングといった機能との連動が求められています。
こうしたニーズの変化に的確に対応した自動倉庫スタッカークレーンなどを生産。日本で初めて認定取得した超高層50m自動倉庫など最新システムを備え、必要とされる最適なソリューションを提供しています。

生産現場見学オプションコース(AS/RS1工場)

谷山慶広

AS/RS2工場

めざましいデジタル時代の進化を支えている半導体やフラットパネルディスプレイなど、クリーンルームで製造される製品を保管する自動倉庫スタッカークレーンや、工程ごとのリードタイムの違いを吸収するデポシステムなどの生産を行っています。
厳格な品質管理と個別受注生産体制による安定した高品質の製品は、世界のエレクトロニクス産業を支える役割を果たしています。

生産現場見学オプションコース(AS/RS2工場)

若山照彦

Vehicle1工場

無人搬送車が生まれた1970年代はFA(Factory Automation)の最盛期でした。以来、人の手を介さずにモノの流れを創る無人搬送技術で「マテハンの村田機械」のブランドを築いてきました。
時代の変化にあわせ、生産現場における工程間搬送台車、天井空間を利用したモノレール台車、自動倉庫と組み合せで複合システムを形成する高速仕分け台車などを生産しています。

生産現場見学オプションコース(Vehicle1工場)

川口昌宏

Vehicle2工場

パソコン、携帯電話、自動車、デジタル家電…。私たちの日常は、さまざまなエレクトロニクス機器に支えられています。
デジタル時代のキーデバイスである半導体やフラットパネルディスプレイなどの生産現場であるクリーンルームで、粉塵を発生させず、安定したハンドリングと高速で搬送する無人搬送車の生産を行っています。

生産現場見学オプションコース(Vehicle2工場)

皆さまのお越しをお待ちしています。

このページのトップへ