会社概要

会社概要
ホーム > 会社概要 > 新着情報 > ダイカスト工場向けの生産管理システム「MICS7-D」を発売

ニュース詳細

2011年7月11日

ダイカスト工場向けの生産管理システム「MICS7-D」を発売

ダイカスト工場向けの生産管理システム「MICS7-D(ミックスセブン・ディー)」を2011年7月15日より販売開始します。

「MICS7-D」は、ホストとなるパソコンと、ダイカストマシンごとに設置した現場端末機(LIT)との双方向通信により、生産予定、ダイカストマシンの稼動状況、生産実績情報などの管理と、作業変更等の現場への指示を行う生産管理システムです。従来はダイカスト工場向けの生産管理システムはオーダーメイドで構築するしか手段がありませんでしたが、「MICS7-D」はあらかじめ必要な機能をパッケージにしており導入が容易です。「MICS7-D」は、操作画面をダイカスト工場向けに変更するとともに、現場に設置する現場端末機(LIT)の耐熱性を高めました。この現場端末機(LIT)は、すべてのメーカーのダイカストマシンに取り付けることが可能です。

「MICS7-D」は、プラスチック成形工場専用の生産管理(現場管理)システム「MICS7」をベースに、ダイカスト工場向けに改良したシステムです。ベースとなる「MICSシリーズ」は、250社を超える導入実績があり、実用的な生産管理システムとして多くのお客様より評価をいただいています。近年においては多言語化によって中国や台湾、タイなどの企業への導入が拡がっています。

■「MICS7-D」の基本的な特長
○全てのメーカーのダイカストマシンに対応
メーカー・機種を問わず、あらゆるダイカストマシンにも現場端末機(LIT)を取り付けられます。
○独自のスケジュールコンセプトと優れた操作性
生産予定の登録・変更・組替がパソコン画面にて簡単に行えます。金型状況や材料の使用予定がパソコン画面上で可視化できます。
○オンラインによるリアルタイムな作業指示
現場端末機(LIT)によりペーパーレスでオペレーターに直接作業指示でき、スケジュール変更にスピーディーに対応できます。
○生産状況をリアルタイムに把握
モニタ画面でリアルタイムな進捗管理の実現できます。生産進度を随時スケジュール反映できます。
○正確なデータの自動収集
在庫精度の向上と、ダイカストマシンの正確な稼働時間・停止要因の把握により稼働率の向上がはかれます。
○多言語対応
ユニコード対応で日本語の他、英語、中国語(簡体語、繁体語)に対応。グローバル展開されているお客さまにおいても、国内と同等の生産管理体制を容易に構築いただけます。

 

(このページは、ムラテックメカトロニクス株式会社より発表された資料を転載しています。本製品は2012年4月1日よりムラテック情報システムで販売いたします。)

このページのトップへ