村田機械株式会社

  • 工作機械TOP
  • ニュース
  • 事業拠点
  • お問い合わせ

事業情報

  • 事業内容
  • 沿革
  • 国内事業拠点
  • 海外事業拠点
  • 事業関連会社
  • ニュース

工作機械事業の沿革

1880年(明治13年)

米ニューイングランドでワーナー&スウェージー社設立

1935年(昭和10年)

合名会社西陣ジャカード機製作所(村田機械の前身)設立

1938年(昭和13年)

東亜機械株式会社設立。工作機械の製造販売を開始。

1945年(昭和20年)

西陣ジャカード製作所と東亜機械が合併し村田繊維機械株式会社を設立

1961年(昭和36年)

タレット旋盤R40製造開始。工作機械分野に再進出。
R40A

1962年(昭和37年)

犬山事業所操業開始。村田機械株式会社(現社名)に社名変更。

1970年(昭和45年)

米ワーナー&スウェージー社と合弁会社村田ワーナースウェージー社を設立

1972年(昭和47年)

単軸自動盤ACシリーズの販売開始
1AC

1975年(昭和50年)

NC旋盤SCシリーズの販売開始
1SC-P

1981年(昭和56年)

多軸旋盤MSCシリーズ販売開始
MSC-12

1983年(昭和58年)

NC旋盤WSCシリーズ販売開始
WSC-8

1987年(昭和62年)

犬山事業所で単品加工FMSが稼動
犬山事業所

1990年(平成2年)

村田ワーナースウェージ株式会社を吸収合併

1992年(平成4年)

対向2軸旋盤MT6販売開始
MT6

1993年(平成5年)

平行2軸型CNC旋盤MW12販売開始
MW12

1996年(平成8年)

村田工機エンジニアリング株式会社(現ムラテックCCS株式会社)を設立。サービス部門を移管。

2005年(平成17年)

セルフローディングチャッカMV120販売開始
MV120

2007年(平成19年)

犬山事業所に組立増設棟が竣工。

2008年(平成20年)

シャフト加工用CNC旋盤ML400販売開始
MV120

2010年(平成22年)

量産対応高効率複合加工機「MT200」を国内で販売開始
MV120

このページのトップへ